このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000131356
提供館
(Library)
福岡県立図書館 (2110014)管理番号
(Control number)
福参-0828
事例作成日
(Creation date)
2013/03/31登録日時
(Registration date)
2013年05月16日 00時30分更新日時
(Last update)
2013年05月16日 00時30分
質問
(Question)
米1俵はメートル法に換算すると何kgになるか
『単位の辞典』 二村隆夫監修 (丸善株式会社 2002) によると「俵に入れるもの、またその時代・地方によって異なる」との記述があったが、わかりやすい換算表などもあわせて探している。

調査済み資料:
『国史大辞典9』 国史大辞典編集委員会編 (吉川弘文館 2006)
『理科年表 平成22年』 国立天文台編 (丸善株式会社 2009)
『数の日本史事典』 阿部猛 (同成社 2006)
『図解単位の歴史辞典』 小泉袈裟勝編 (柏書房 1998)
『丸善単位の辞典』 二村隆夫監修 (丸善株式会社 2002)
回答
(Answer)
『度量衡の事典』 阿部猛著 (同成社 2006) に米1俵について、以下の記述あり。p.135
 「米や麦の場合は、1俵=4斗=40升(約72.16?)で重量60㎏を標準とする。」

『図解単位の歴史辞典』 小泉袈裟勝編著 (柏書房 1989) 
  全国一俵四斗と統一されたのは明治中期とある。 p.229

『度量衡換算早わかりグラフ』 山本孫一、古川正登共著 (受験研究社 1923)
 「附録 実用数の相互換算」の「七 瓶・樽・袋・俵類の桝目」には、「米四斗俵/四斗/72.1立」
 とあるが、米の重量については記載が見当たらない。

その他の資料の索引等には「俵」の項目は見当たらなかった。
通覧したが、「俵」の記載された換算表は見当たらなかった。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
度量衡.計量法  (609 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 度量衡の事典 阿部/猛?著 同成社 2006.4 609/R/37 135

2 図解単位の歴史辞典 小泉/袈裟勝?編著 柏書房 1989.12 609/R/23 229

3 度量衡換算早わかりグラフ 山本/孫一?共著 古川/正登?共著 受験研究社 1923 60//ハ21 5

1 日本メ-トル法沿革史 メ-トル法実行期成委員会 1967 609//S18 104-105

2 計量百年史 日本計量協会 1978 609//11

3 単位の起源事典 小泉/袈裟勝?著 東京書籍 1982.9 609/R/15

4 歴史の中の単位 小泉/袈裟勝?著 総合科学出版 1979 609/R/3

5 日本史必携 吉川弘文館編集部?編 吉川弘文館 2006.1 210/03R/174 152

6 丸善単位の辞典 二村/隆夫?監修 丸善 2002.3 609/R/34 285

7 秤 小泉/袈裟勝?著 法政大学出版局 1982.11 609//14

8 枡 小泉/袈裟勝?著 法政大学出版局 1980.3 609//16

9 日本国語大辞典 第11巻 小学館国語辞典編集部?編集 小学館 2001.11 813/1R/96-11B 514
キーワード
(Keywords)
度量衡 日本史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000131356解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決