このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000131134
提供館
(Library)
名古屋市鶴舞中央図書館 (2210001)管理番号
(Control number)
名古屋市鶴-2013-001
事例作成日
(Creation date)
2013年03月24日登録日時
(Registration date)
2013年05月10日 11時24分更新日時
(Last update)
2013年11月18日 21時50分
質問
(Question)
猿面茶席(猿面茶屋)の写真・図面が見たい
回答
(Answer)
下記の資料に記載があります。

●写真
『鶴舞公園』([鶴舞公園振興協会/共編]) ページ付けなし 「床前畳より貴人口を望む」
『愛知県写真帳』 p.51
『稲垣栄三著作集 4 茶室・数寄屋建築研究』 p.223,293
『名古屋の名所旧蹟』(1938年刊) p.143-144 「猿面茶屋の床柱」
『名古屋の名所旧蹟』(1940年刊) p.187-188 「猿面茶屋の床柱」
『昭和区の歴史』 p.60
『[名古屋市]史蹟名勝叢書 第1輯 名古屋市の国宝建造物に就て』 口絵
『名古屋特輯号(公園緑地 第1巻第5号)』 p.79 「猿面茶席(鶴舞公園内)」
『名古屋の公園100年のあゆみ 資料編』 p.74 「鶴舞公園 猿面茶席(戦前)」
『新建築 第33巻第5号』(昭和33年5月号) p.73-76 ※復元後の写真
『茶どころ名古屋』 口絵 ※復元後の写真

●図面
『名古屋市史 [第6] 風俗編』 p.526 「城内猿面茶屋位置図」「猿面茶屋席取図」「現今ノ猿面茶屋」
『鶴舞公園』([鶴舞公園振興協会/共編]) ページ付けなし 「平面図」 
『茶と花 第3巻 第8号』(昭和9年8月号)「猿面の茶席に就いて」 p.7 「城内猿面茶屋席取推定図」
『尾張の茶道』 p.326-328 「猿面茶室の姿図(商品陳列館時代)」「猿面茶室内部」「猿面茶室-床・給仕口・点前座・貴人口」
『鶴舞公園平面図 昭和6年6月』 ※公園内での位置が分かります

なお、猿面茶席の概要についてはレファレンス協同データベースの登録事例「戦前、鶴舞公園にあったという信長が秀吉の顔に似ているといった床柱があった猿面茶席のことを知りたい」に説明があります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
茶道  (791 9版)
参考資料
(Reference materials)
『名古屋市史 [第6] 風俗編』 名古屋市/編 愛知県郷土資料刊行会 1979年 p.526
『鶴舞公園』 [鶴舞公園振興協会/共編] 鶴舞公園振興協会 1962年 ページ付けなし
『愛知県写真帳』 愛知県/著 復刻  ブックショップマイタウン 2011年 p.51
『新建築 第33巻第5号』(昭和33年5月号)「猿面茶席」 p.73-76
『茶と花 第3巻 第8号』(昭和9年8月号)「猿面の茶席に就いて」 p.7
『尾張の茶道』 熊沢五六/[ほか]編 河原書店 1972年
『鶴舞公園平面図 昭和6年6月』
『名古屋の名所旧蹟』 名古屋市観光課/[編] 名古屋市産業部觀光課 1938年 p.143-144
『名古屋の名所旧蹟 [1940]』 名古屋市産業部観光課 1940年 p.187-188
『昭和区の歴史』 名古屋国際高等学校社会科教科会/編著 愛知県郷土資料刊行会 1999年
『[名古屋市]史蹟名勝叢書 第1輯 名古屋市の国宝建造物に就て』 名古屋市観光課/編 名古屋観光協会 1939年
『名古屋特輯号(公園緑地 第1巻第5号)』 公園緑地協会 1937年 p.79
『名古屋の公園100年のあゆみ 資料編』 名古屋市/編集 名古屋市 2012年
キーワード
(Keywords)
猿面茶席
猿面茶屋
茶道
建築-名古屋市
文化-名古屋市
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000131134解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!