このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000130881
提供館
(Library)
茨城県立図書館 (2110017)管理番号
(Control number)
茨201332
事例作成日
(Creation date)
2013年03月05日登録日時
(Registration date)
2013年04月30日 15時38分更新日時
(Last update)
2014年03月28日 18時02分
質問
(Question)
明治2年から明治10年ぐらいの間に出された菊の紋ほか家紋等の利用制限に関する法律について、その文書が見たい。『明治年間法令全書』を調査してほしい。
回答
(Answer)
明治法令全書について明治2年から明治10年ど分を,目次から調査した。
該当箇所以下のとおり

1.『明治年間法令全書 第2巻』(内閣官報局、原書房、1987)
  P101「第二百十六 二月二十八日(布)(行政官)」「官堂上菊章ノ器物ヲ其折願所ニ寄付シ及新ニ祈願所ヲ設ルヲ禁ス」
  P329「第八百ニ 八月二十五日(布)(太政官)」「親王家ノ菊章ヲ定ム」
     「第八百三 八月ニ十五日(布)(太政官)」「社寺濫ニ菊章ヲ用ルヲ禁ス」
  P401「第九百八十一 十月十日(留守官)」「親王家以下ヨリ社寺ニ寄付セシ物品ノ菊章ヲ改メシム」

2.『明治年間法令全書 第3巻』(内閣官報局、原書房、1987)
  P124「第二百五 三月十七日(布)(太政官)」「親王家菊章品ヲ社寺ニ寄附スルヲ禁ス」

3.『明治年間法令全書 第4巻』(内閣官報局、原書房、1987)
  P251「第二百八十五 六月十七日(布)」「皇族ノ外菊御紋ヲ禁止シ粉敷品ハ改メシム」
      「第二百八十六 六月十七日(布)」「皇族家紋ヲ定ム」

4.『明治年間法令全書 第7-1巻』(内閣官報局、原書房、1987)
  P409 「四月二日 各通」「貨幣社社殿ノ装飾及社頭ノ幕提燈ニ限リ菊御紋ヲ用ウルヲ許ス」

また、家紋関係資料を確認したところ、関連する記述が以下の通り確認出来た。
②『日本紋章学』(沼田頼輔、人物往来社、1968)
 P171~P172 「明治元年(一八六八)三月ニ十八日、太政官は令を発して、みだりに菊花紋を用いることを禁止し、翌ニ年八月ニ十五日、さらに布告を発して、親王家が十六葉の菊花紋を使用することを廃止し、・・・その後、四年六月十七日、由緒の有無にかかわらず、皇族以外はすべて菊花紋の使用を禁止し、皇族は十四葉一重裏菊を用いることと定められた」

③『菊と桐』(額田巌、東京美術、1996)
 P32~P35「そして明治元年(一八六八)に太政官布告発して、菊桐紋をみだりに使用することを禁止した。・・・『提灯、陶器その他の売品に菊花紋使用禁止の内容』である。続いて明治二年八月ニ十五日には太政官布告『社寺菊御紋濫用禁止の件』が次のように出ている。・・・他に明治四年六月、太政官布告『皇族の他、菊御紋禁止の件』明治七年『官弊社社殿の装飾及び社頭の幕、提灯に限り菊御紋を用うることを許すの件』明治十三年内務省訓令『菊御紋章を売品に画くことの禁止の件』明治三十三年・同三十七年内務大臣訓令『菊御紋章取締に関する件』・・・そこで、大正十五年(一九二六)宮内省発令として、『御紋章類似形の取締基準』が次のように通達された。・・・さらに昭和四年(一九二九)十一月には内務大臣訓令『菊御紋章類似形取締内規』が出されている。」

④『家紋』(丹羽基ニ、秋田書店、1973)
 P20~P21「明治政府は、絶対君主政体を維持するためにそのシンボルである菊花紋の地位を最高にもちあげた。・・・菊家紋が、明治三年に一般の使用は厳禁になった。」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
法律  (320 9版)
参考資料
(Reference materials)
内閣官報局. 明治年間法令全書 第2巻. 原書房, 1987. p. 101,329,401 (当館請求記号 R-320-186-2, 当館資料番号 001051754750)
内閣官報局. 明治年間法令全書. 原書房, 1987. p. 124 (当館請求記号 R-320-186-3, 当館資料番号 001051754768)
内閣官報局. 明治年間法令全書 第4巻. 原書房, 1987. p. 251 (当館請求記号 R-320-186-4, 当館資料番号 001051754776)
内閣官報局. 明治年間法令全書 第7-1巻. 原書房, 1987. p. 409 (当館請求記号 R-320-186-7-1, 当館資料番号 001051754826)
沼田頼輔. 日本紋章学. 人物往来社, 1968. p. 171-172 (当館請求記号 R-288-135, 当館資料番号 001052331830)
額田巌. 菊と桐. 東京美術, 1996. p. 32-35 (当館請求記号 288-579, 当館資料番号 001051598140)
丹羽基ニ. 家紋. 秋田書店, 1973. p. 20-21 (当館請求記号 288-144, 当館資料番号 001051344156)
キーワード
(Keywords)
家紋
法令全書
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
法律
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000130881解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!