このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000129975
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20130401-1
事例作成日
(Creation date)
2013年04月02日登録日時
(Registration date)
2013年04月02日 09時56分更新日時
(Last update)
2013年04月02日 10時07分
質問
(Question)
トレーサビリティについて知りたい。
回答
(Answer)
トレーサビリティ Yahoo!百科事典[日本大百科全書(小学館)]
http://100.yahoo.co.jp/detail/%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%93%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3/  (2013/04/02確認)
traceability
一般の定義は、考慮の対象となっているものの履歴または所在を追跡できることであるが、食品では、生産、処理・加工、流通・販売等の食品供給行程(フードチェーン)の各段階における食品とともに食品に関する情報を追跡し、遡及(そきゅう)できること、と定義できる。具体的には、トレーサビリティシステムは、食品供給行程の各段階で、仕入先、販売先などの記録を取り、記録情報を保管し、識別番号等を用いて食品との結び付きを確保することによって、食品とその流通した経路および所在等を記録した情報の追跡と遡及を可能とする仕組みである。しかし、あくまで食品の追跡、遡及のための仕組みであり、製造工程での衛生管理を直接的に行うものではない。・・・

トレーサビリティ コトバンク
http://kotobank.jp/word/%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%93%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3  (2013/04/02確認)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食品工業  (588 9版)
参考資料
(Reference materials)
新宮和裕, 吉田俊子 著. 食品トレーサビリティシステム. 日本規格協会, 2006. (やさしいシリーズ ; 18)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008255884-00 , ISBN 4542920186
新山陽子 編. 解説食品トレーサビリティ : ガイドラインの考え方/コード体系、ユビキタス、国際動向/導入事例 ガイドライン改訂第2版対応版. 昭和堂, 2010.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010982674-00 , ISBN 9784812210390
松木洋一, ルード・ヒュルネ 編著 , 松本洋一, 後藤さとみ 共訳. 食品安全経済学 : 世界の食品リスク分析. 日本経済評論社, 2007.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008580152-00 , ISBN 9784818818286
キーワード
(Keywords)
トレーサビリティ
traceability
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000129975解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決