このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000129939
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-3A-201303-06
事例作成日
(Creation date)
2011年05月15日登録日時
(Registration date)
2013年03月30日 14時45分更新日時
(Last update)
2013年04月03日 14時29分
質問
(Question)
判官松(ほうがんまつ)跡について知りたい。
回答
(Answer)
 大和田住吉神社境内に、大和田青年団が昭和16(1941)年に建立した「判官松(ほうがんまつ)之跡」の石碑があります。
 この碑文の大意は以下の通りです。
「元暦2(1185)年、源義経は平家追討の軍を率いて船出するが、暴風雨にあい漂流、大和田浦に着岸。そこで、当村の住吉大明神に海上安全を祈願し、松を記念樹として植えたので、里人はこれを判官松と呼んだ。以後700年、樹容壮麗となり北摂の名勝として知られるだけでなく、淀川尻の示標として舟人の親しむところとなったが、惜しいことに明治10(1877)年消失した。」
 この松は義経の腰掛松とも呼ばれ、『摂津名所図会』には、「大和田にあり。九郎判官義経大物浦赴きたまふ時ここに憩いたまふとなん。大坂より尼崎へ往きかふ船より鮮やかに見ゆるなり」と記載されています。
 また、『西成郡史』も「腰掛松」が明治10(1877)年ごろまであった事を記載しています。
 別の伝承では、元暦1(1184)年、義経が陸路を西に向かう折、当地で庄屋治郎左衛門の歓待を受けましたが、治郎左円門は三宝に松苗をのせ、当地名産の鮒を昆布で巻いて差し出しました。義経は気に入り、治郎左衛門に鮒子多(ふじた)の姓を与え、松苗をそこに植えました。
 さらに別の伝承では、鮒の形が崩れぬように松の小枝をさして出したのを、義経が食後突きさし、判官松に成育したとの説もあります。
 なお、大野下水処理場の一角にも、大阪市が昭和63(1988)年に建立した石碑があります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
近畿地方  (216 9版)
参考資料
(Reference materials)
『西淀川区史』大阪都市協会・編集 西淀川区制七十周年記念事業実行委員会 1996<当館書誌ID: 0000531056>
『摂津名所図会大成 其之2』暁 鐘成・著 松川 半山・画 柳原書店 1976 <当館書誌ID: 0000157048>
『西成郡史』西成郡役所・編 名著出版 1972 <当館書誌ID: 000024650>
『大阪伝承地誌集成』三善貞司・編著 清文堂出版 2008 ISBN 978-4-7924-0647-9<当館書誌ID: 0011661445>
大阪市西淀川区ホームページ「西淀川区の名所」 http://www.city.osaka.lg.jp/nishiyodogawa/page/0000001002.html#4 (2010年11月1日確認)
キーワード
(Keywords)
大阪府大阪市西淀川区
判官松
ほうがんまつ
腰掛松
大和田住吉神社
源義経
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000129939解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決