このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000129899
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000010802
事例作成日
(Creation date)
2013/03/08登録日時
(Registration date)
2013年03月30日 00時30分更新日時
(Last update)
2013年04月17日 13時13分
質問
(Question)
「甲帳對楹」「肆筵説席」という2種類の手本を書道教室でもらってきたが、これはどのように読むのか。また意味も合わせて知りたい。
回答
(Answer)
『千字文詳解』(香草社)などによると、「甲帳對楹」は「こうちょうたいえい」「肆筵説席」は「しえんせつせき」と読む。いずれも中国の漢字の手本である千字文の一部。意味は回答プロセス欄に記載。
回答プロセス
(Answering process)
Googleで「甲帳對楹」を検索したところ、千字文について書かれたブログがヒット。これを参考に、所蔵資料の728(書道)の棚から千字文についての資料を探す。

『中国法書選27 真草千字文』(二玄社)に千字文の全文があり、上記の2句を探すと、p24に「甲帳對楹」p25に「肆筵説席」があり。それぞれ「甲帳對楹(こうちょうついえい)あり」「筵(むしろ)を肆(の)べ席を設け」との書き下し文があるが、意味はなし。なおp55の解説によると、千字文は四字一句の250句からなる四言古詩で、一般に知られているのは梁の周興嗣(しゅうこうし、470?-521)作のもので、美文で重複する文字がないため、中国および朝鮮・日本において漢字学習や習字の手本として用いられたとのこと。

『線を鍛える 絵手紙に役立つ千字文』(日貿出版社)を調べると、p77に「甲帳對楹」を「コウチョウエイニタイス」と読み、意味は「美しいとばり(甲帳)は柱(楹)に向ってかかっている」とあり。p78「肆筵説席」では読みを「ムシロヲシキセキヲモウケ」とし、意味も「筵を敷いて席を設け」とあり。p16-17には千字文についての解説もあり。

句としての読みを調べるため、さらに所蔵資料を「千字文」で検索し、資料を取り寄せて内容を確認。
『千字文詳解』(香草社)p84「丙舎傍啓 甲帳對楹」(ヘイシャボウケイ コウチョウタイエイ)p85「肆筵説席 鼓瑟吹笙」(シエンセツセキ コシツスイショウ)に、句の読みと書き下し文、内容の解説があり。また『千字文』(岩波書店)p178-182にも、上記4句についての書き下し文と内容の詳しい解説があり。これらを見ていただいた。

なお、利用者の持っている手本は『真草千字文』と同じものであったため、活字体と異なる文字については、念のため『楷行草三体筆順辞典』(日本書道協会)で書体を確認した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
書.書道  (728)
参考資料
(Reference materials)
中国法書選27二玄社
『絵手紙に役立つ千字文』桜井 幸子/著(日貿出版社)
『千字文詳解』伏見 冲敬/著
『千字文』小川 環樹/注解(岩波書店)
『楷行草 三体筆順字典』鈴木 啓水/編(日本書道協会)
キーワード
(Keywords)
書道
千字文(センジモン)
習字
漢文
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000129899解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!