このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000129870
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000002443
事例作成日
(Creation date)
2010/12/07登録日時
(Registration date)
2013年03月30日 00時30分更新日時
(Last update)
2013年04月17日 13時10分
質問
(Question)
少額訴訟を行って勝訴したが、裁判等にかかった費用(弁護士への相談費用等)を相手先にも支払ってもらう場合、どのように取り決めを行えばよいのか載っている資料がほしい。
回答
(Answer)
『自力で勝ち取る 訴訟は本人で出来る』(自由国民社)を、借りられた。その他、見ていただいた資料は参考資料の欄に記載。
回答プロセス
(Answering process)
327(訴訟)の書架を探し、内容を確認して提供。

またインターネットでは、「少額訴訟制度ホームページ」 http://www009.upp.so-net.ne.jp/law/shousokuwashi.html  「朝日中央インターネット無料法律相談」 http://www.muryo-soudan.jp/advice3300/index3302.aspx  等に少額訴訟に関する記載があり、これらのサイトも合わせてご紹介した。
事前調査事項
(Preliminary research)
裁判所に行って聞くと、訴訟費用に関して決まりがあるので、自分で調べるよう言われた。
六法全書を見たが、難しかった。
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『訴訟は本人で出来る [2009]全訂版』石原 豊昭/著(自由国民社)
『すぐに役立つ少額訴訟活用マニュアル』高橋 裕次郎/監修(三修社)
『すぐに役立つ少額訴訟・支払督促のしくみと手続き実践文例47』安部 高樹/監修(三修社)
『すぐに役立つ裁判・訴訟のしくみと手続き』高橋 裕次郎/監修(三修社)
『相手を訴える法律知識 [2008]改訂新版』(自由国民社)
『新・判例コンメンタール民事訴訟法 2』谷口 安平/編(三省堂)
キーワード
(Keywords)
裁判
訴訟
少額訴訟
費用
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000129870解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!