このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000129819
提供館
(Library)
千葉県立東部図書館 (2110047)管理番号
(Control number)
千県東-2012-0001
事例作成日
(Creation date)
2012/10/17登録日時
(Registration date)
2013年03月29日 00時30分更新日時
(Last update)
2013年07月11日 11時24分
質問
(Question)
涅槃経の漢訳文が載っている資料が見たい。また涅槃経に出てくる「雪山偈」について詳しく書かれた資料はないか。
回答
(Answer)
涅槃経の漢訳文が載っている資料は、以下のとおりです。
『大正新脩大蔵経 第1巻』p191‐207
『大正新脩大蔵経 第12巻』「大般涅槃経(四十巻)」p365‐604「大般涅槃経(三十六巻)」p605‐852
『新国訳大蔵経 涅槃部 1‐4巻』

雪山偈について書かれた資料については、『岩波仏教辞典 第2版』p607の「雪山偈(せっせんげ)」の項に、「雪山偈の名は大乗涅槃経巻14の説くところに由来する」との記述があります。同著p607「雪山童子」の項では「『三宝絵』上は本話を収め、中世物語『雪山童子』は本話を読み物風に書きやわらげたもの」との記述がありました。
また『日本仏教語辞典』のp407「雪山(せっせん)」の項で「『大般涅槃経』一三(正一二=六九一中~六九三中)に詳しい。」との記述があります。

涅槃経で「雪山偈」に当たる部分は以下のとおりです。
『大正新脩大蔵経 第12巻』
「大般涅槃経巻第一四」(四十巻版)p450
「大般涅槃経巻第一三」(三十六巻版)p691‐693
『国訳大蔵経 経部 第8巻』p515

なお「三宝絵」の「雪山童子」については以下の資料があります。
『新日本古典文学大系 31 三宝絵』p38
回答プロセス
(Answering process)
1.『大蔵経全解説大事典』『日本仏教全集叢書資料総覧 総索引編』で「大般涅槃経」を確認。『大正新脩大蔵経』第1巻、第12巻に所収とわかる。2.千葉県立図書館OPACでフルテキスト「涅槃経」で検索。3.『岩波仏教辞典』第2版「雪山偈」と『日本仏教語辞典』「雪山」を確認。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
経典  (183 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『大正新脩大蔵経 第1巻』(大正一切経刊行会 1924)(9102385218)
【資料1】『大正新脩大蔵経  第12巻』(大正一切経刊行会 1925)(9102419998)
【資料3】『大蔵経全解説大事典』(鎌田茂雄[ほか]編 雄山閣出版 1998)(2100875843)
【資料4】『日本仏教全集叢書資料総覧 総索引篇』(小山田和夫[ほか]編 本の友社 1986)(2100536437)
【資料5】『新国訳大蔵経 涅槃部1 大般涅槃経(南本)』(大蔵出版 2008)(0106042637)
【資料6】『傍訳仏教経典大鑑』(池田勇諦監修 四季社 2011)(1102264405)
【資料7】『岩波仏教辞典』(中村元編 岩波書店 2002)(2101526275)
【資料8】『日本仏教語辞典』(岩本裕著 平凡社 1988)(2100016849)
【資料9】『新日本古典文学大系 31 三宝絵』(佐竹昭広[ほか]編 岩波書店 1997)(2100163002)
キーワード
(Keywords)
経典(キョウテン)
大般涅槃経(ダイハツネハンギョウ)
雪山偈(セッセンゲ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
一般
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000129819解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!