このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000129329
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M13030709365701
事例作成日
(Creation date)
2013/03/07登録日時
(Registration date)
2013年03月22日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
中国で、次期国家主席と言われる習近平氏は太子党出身といわれているが、太子党とは何か。
回答
(Answer)
『チャイナ・ジレンマ 習近平時代の中国といかに向き合うか』p.94には、「「太子党」系とは共産党幹部の子弟のグループであり、その代表格は習近平国家副主席である。習近平の父である故習仲勲はかつて政治局委員を務め、副総理や全人代副委員長も歴任した」と説明されている。

『習近平 共産中国最弱の帝王』p.50-51には、「習近平を含むかつての高級幹部子弟でつくる共産党内一大派閥の意味」と説明されている。また、「「太子」は中国語で「皇帝の長男」、つまり皇太子を指すが、親の七光りの恩恵を受け、大きな特権を持つ人との意味で使われることがある。「太子党」とはこうした特権を持つ人たちのグループを指しており、中国語の語感として決してよいイメージを持たない。」とも説明されている。

『習近平時代の中国』p.77-78には、「太子党は高級幹部の子弟で、若いときから社会的に高い地位を得ている。習近平氏のほか、曽山・元内相の息子の曽慶紅・前国家副主席や、周恩来元首相の養子である李鵬・前全国人民代表大会委員長らが有名だ。」と説明されている。また、「幼少期に住んでいた北京での場所が同じなら親密な人間関係が生まれる一方、付き合いがなければそれほどの結びつきにならず、強い結束にはならない」とも述べられており、全体的な結束力は強くないと考えられる。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
政治史.事情  (312 9版)
参考資料
(Reference materials)
小原 雅博著『チャイナ・ジレンマ 習近平時代の中国といかに向き合うか』ディスカヴァー・トゥエンティワン,2012,303p.参照はp.94.

矢板 明夫著『習近平 共産中国最弱の帝王』 文藝春秋,2012,319p .参照はp.160-185.

佐藤 賢著 『習近平時代の中国』 日本経済新聞出版社,2011,311 p.参照はp.77-78.
キーワード
(Keywords)
太子党 習近平
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2013030709364465701
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000129329解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!