このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000129316
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M13022018065634
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2013年03月22日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
明治から昭和にかけての日本軍の軍刀の将官・佐官・尉官の違いについて
回答
(Answer)
①『陸海軍服装総集図典』(国書刊行会)p11~p13に刀剣についての項目があり陸海軍の変遷が説明されている。p47~p49 陸軍の明治8年11月24日制定の刀については将官・歩兵科左官・歩兵科尉官など6種、明治19年7月6日制定の刀については将官・佐官・尉官・騎兵佐官など7種、昭和9年2月14日制定の軍刀、鍔および柄模様、剣緒刀緒の付け方など白黒で図示されている。p139は海軍の明治6年11月14日制定、明治16年10月20日改正、明治29年10月6日改正の剣7種が白黒で図示されている。また、p151 海軍の昭和12年10月23日制定の軍刀が白黒で図示されている。
②『大日本帝国陸海軍 2』(池宮商会)p356~p361 日本陸海軍の軍刀および指揮刀の全体写真が掲載されている。
③『大日本帝国陸海軍』(サンケイ新聞社出版局 )p296~299 日本陸海軍の軍刀の鍔の写真と全体写真が掲載されている。
④『海軍諸例則 巻4-1』(原書房)p50~p51海軍服制表に士官の軍刀に関する記述、p36に図がある。p109~p111に「軍刀政策ニ關スル件」が掲載されている。
⑤『陸軍成規類聚 昭和版第4巻』(緑蔭書房)p398~p399に陸軍服制表に将校、准士官の刀に関する記述、p442に図がある。
⑥『日本の軍装』(大日本絵画)p48に明治期の歩兵仕官の軍刀が将官・佐官、尉官、准士官・下副官と3種の白黒図、p57に明治期の騎兵用軍刀が佐官、尉官、下副官(准尉)、下士官・兵と4種の白黒図で示されている。
⑦『日本海軍軍装図鑑』(並木書房)p185に昭和12年10月制定の海軍軍刀図、p280~p281に明治・大正の長剣・短刀についての記述と図がある。
⑧『日本近代軍服史』(雄山閣)p279~p280に新軍刀という項目があり、昭和9年2月4日改正の軍刀について記述がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
国防.軍事  (390 9版)
参考資料
(Reference materials)
①北村恒信編『陸海軍服装総集図典』国書刊行会,1996.9,245p .参照はp.11-p.13 p.47-p.49 p.139 p.151
②中田 忠夫著『大日本帝国陸海軍 2』池宮商会,2010.9,391p .参照はp.356-361
③渡辺辰雄,斉木正友,近藤三郎編『大日本帝国陸海軍』サンケイ新聞社出版局 ,1973.9,334p.参照はp.296-p.299
④海軍大臣官房編『海軍諸例則 巻4‐1』原書房,1988.1,476p.参照はp.50-p.51 p.109-p.111
⑤陸軍大臣官房編纂 森松 俊夫監修『陸軍成規類聚 昭和版第4巻』緑蔭書房,2010.6,1036p .参照はp.398-399 p.422
⑥中西 立太著『日本の軍装』大日本絵画,2006.8,84p .参照はp.48 p.57
⑦柳生 悦子著『日本海軍軍装図鑑』並木書房,2003.7,325p .参照はp.185 p.280-p.281
⑧太田 臨一郎著『日本近代軍服史』雄山閣,1972,364p図版24p.参照はp.279-p.280
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2013022018044065634
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000129316解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!