このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000129305
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M13020815265592
事例作成日
(Creation date)
2012/08/15登録日時
(Registration date)
2013年03月22日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
「黄金バット」という紙芝居はいつ頃作られたものなのか。また、その作品を今日見ることはできるか。
回答
(Answer)
①『紙芝居の世界』によると、「黄金バット」は昭和5年に永松武雄によって「怪盗バット」の続編として描かれたのが始まりで、戦後には加太こうじによって街頭紙芝居として復活したことが記載されている。また、p14には「黄金バット」についての年表が記載されている。
②『紙芝居文化史』には、「第3期ー平絵紙芝居の誕生とその諸相」の中で、1930年に「黄金バット」が登場していることが資料として記載されている。
③『紙芝居昭和史』では、「黄金バット」が製作された経緯が掲載されている。
また、今日見られる「黄金バット」として、松永健夫作の④『元祖黄金バット』と加太こうじ作の⑤『黄金バット ナゾー編』が復刻されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
大衆演芸  (779 9版)
参考資料
(Reference materials)
①昭和館監修『紙芝居の世界』 メディアパル,2012,96p. 参照はp.3-14.
②石山幸弘『紙芝居文化史』萌文書林石山 幸弘『紙芝居文化史』 萌文書林,2008,221p. 参照はp.45-67.
③加太こうじ『紙芝居昭和史』 立風書房,1971,283p. 参照はp.32-45.
④松永健夫『元祖黄金バット』 大空社,1995
⑤加太こうじ『黄金バット ナゾー編』 大空社,1995
キーワード
(Keywords)
紙芝居
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2013020815293265592
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000129305解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!