このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000129293
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M12111416564050
事例作成日
(Creation date)
2012/11/14登録日時
(Registration date)
2013年03月22日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
教師の個別の働きかけから、子どもの学力や社会性が伸び、学校や学級が好きになったという事例はどんなものがあるか。
回答
(Answer)
『学級担任に絶対必要な「フォロー」の技術』p.70-81には、困った子へのフォロー実践事例集が掲載されおり、担任教師の個別の支援から、対象の児童が成長し、クラス全体の雰囲気も変わる中、クラスの子ども同士の関係作りもできたという事例が紹介されている。

『3ステップであんしん気になる子への対応術』p.26-27には、マズローの欲求階層説が紹介されている。欲求階層説では、基本的・生理的欲求の上に、安心・安全、所属・愛情、自尊・承認という階層で満たされていくことが説明されいる。教師の働きかけで安心・承認・自尊の欲求に応える学級づくりによって、子どもの居場所となる学級を作ることができると説明されている。

『学級集団づくりのゼロ段階 Q-U式学級集団づくり入門』p.14-20には、理想の学級集団の目安と学級集団が成熟するためのプロセスが説明されている。理想の学級の条件として、ルールとリレーションが確立する事が取りあげられており、教師が個人個人とのつながりを作り、小集団・中集団・学級全体へとまとまりを作っていくことが紹介されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
学校経営.管理.学校保健  (374 9版)
参考資料
(Reference materials)
中村 健一編著『学級担任に絶対必要な「フォロー」の技術』 黎明書房,名古屋,2012,154p.参照はp.70-81.

会沢 信彦編集『3ステップであんしん気になる子への対応術』 教育開発研究所,2008,172p.参照はp.26-27.

河村 茂雄著『学級集団づくりのゼロ段階 Q-U式学級集団づくり入門』 図書文化社,2012,93p.参照は、p.14-20.
キーワード
(Keywords)
学級経営
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2012111416590664050
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000129293解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!