このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000129093
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2012-125
事例作成日
(Creation date)
2012/12/16登録日時
(Registration date)
2013年03月18日 11時04分更新日時
(Last update)
2013年05月16日 16時27分
質問
(Question)
江戸時代の川口宿の鋳物師について記載された資料が見たい。
回答
(Answer)

記述のあった下記の資料を紹介した。
『鋳物師』(内田三郎著 埼玉新聞社 1979)江戸時代の川口宿の鋳物師について詳しい記述あり。
  
埼玉関係資料
『川口市史 通史編 上』(川口市 1988)
p453-470「近世前期 第三章 川口鋳物業の成立」p659-708「近世後期 第三章 川口鋳物業の展開」

『川口市史 近世資料編2』(川口市 1986)
p265-737「第ニ章 鋳物業」p267-290「第一節 川口鋳物師と真継家」

『新編埼玉県史 通史編4 近世』(埼玉県 1989)p412-416「川口の鋳物」 

『新編埼玉県史 資料編16(近世7) 産業』(埼玉県 1990)
p658- 六 鋳物
p685-659 宝暦十三年五月 足立郡川口町鋳物師宛真継家許状
p660-664 自天明四年正月至文化二年七月 真継家鋳物師許状案(抄)
p681 嘉永三年七月 足立郡川口宿伝之助宛鋳職弟子契約証文

『川口鋳物の技術と伝承』(三田村佳子著 聖学院大学出版会 1998)p9- 「第一章 川口の鋳物師 歴史と概要」

『鋳物の町 産業社会学的研究』(尾高邦雄編 有斐閣 1956)ほとんど明治以降の記述だが、p6に江戸時代の記述あり。

『川口鋳物の歴史 7人の語り部が検証する近・現代史』(川口工業会館 2010)

『川口大百科事典』(川口大百科事典刊行会 1999)
p44 鋳物師「川口鋳物師が確認できるもっとも早い年代の史料として、『寒松日暦』があげられる」とあり。
典拠資料の『寒松日暦』は下記の資料に掲載されている。
『埼玉叢書 7』(国書刊行会 1974)p29-193「寒松日暦」p45 鋳物業

『川口市勢要覧』(関東商工新聞社 昭和9年5月刊の複製)
p8-9 善光寺の鐘と十一人の鋳工家「宝暦年間に立派な鋳物師が十一人居たといふ事は、善光寺の鐘を見ると解る。(以下略)」
鐘に刻まれた11人の鋳工家の名前あり。
p12-14 現在明治以前川口鋳工品一覧表(年代順)
元和五年-慶応二年までの鋳工名、品名、員敷、現存場所が一覧表になっている。
p18-19 「川口鋳物師の姓は皆藤原である。」とあり、14名の藤原姓の鋳物師の名前が記載されている。
p78-81「第三、第二回現存明治以前の川口鋳工品一覧表(年代順)」寛永十七年-慶應四年までの一覧表
p85-88「二、由緒の證書」
「今野州佐野正田家に秘蔵されたる『諸国鋳物師控帳』ある川口鋳物師の分を記せば左の如くである」
武蔵足立川口宿の鋳物師27名の名前あり(重複して記載されている名前を除くと23名)

『川口市史調査概報 5』(川口市総務部市史編さん室 1979)p63-78 「真継文書に現れた川口鋳物師」
 

雑誌記事
《埼玉雑索》を〈鋳物師〉で検索した結果、下記の論文を紹介した。
小原昭二「近世における川口鋳物師職仲間の動向ーその組織と推移」(『埼玉地方史 創刊号』p2-11 埼玉県地方史研究会 1975)
鈴木茂「文久元辛酉五月吉日銘の諸国鋳物師控帳について」 (『川口史林 第2号』p28-30 川口市郷土史会 1969)
鈴木茂「川口の鋳工と作品(1)」(『川口史林 4』p54-59 川口市郷土史会 1970)
鈴木茂「遺稿 川口の鋳工と作品(2)」(『川口史林 5』p4-7 川口市郷土史会 1970)近世の鋳物師の名前、所在、作品の一覧あり。
永瀬利雄「御鋳物師の家系図」(『川口史林 第5号』1p8-9 川口市郷土史会 1970)
 

一般資料
『近世鋳物師社会の構造 真継家を中心として』(中川弘泰著 近藤出版社 1986)川口の鋳物師について、ところどころ散見される。
『近世の鋳物師 真継家を中心として』(中川弘泰著 近藤出版社 1977)p145 「諸国鋳物師名記」足立郡川口町あり
『真継家と近世の鋳物師』(笹本正治著 思文閣出版 1996)p411-416 「近世真継家支配下鋳物師人名録」武蔵国川口宿あり。

回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213 9版)
金属加工.製造冶金  (566 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
『鋳物師』(内田三郎著 埼玉新聞社 1979刊)
『川口市史 通史編 上』(川口市 1988)
『川口市史 近世資料編 2』(川口市 1986)
『新編埼玉県史 通史編4 近世』(埼玉県 1989)
『川口鋳物の技術と伝承』(三田村佳子著 聖学院大学出版会 1998)
『鋳物の町 産業社会学的研究』(尾高邦雄編 有斐閣 1956)
『川口鋳物の歴史 7人の語り部が検証する近・現代史』(川口工業会館 2010)
『川口大百科事典』(川口大百科事典刊行会 1999)
『埼玉叢書 7』(国書刊行会 1974)
『川口市勢要覧』(岩田孝司、平野利友著 関東商工新聞社 昭和9年5月刊の複製)
『川口市史調査概報 5』(川口市総務部市史編さん室 1979)
『埼玉地方史 創刊号』(埼玉県地方史研究会 1975)
『川口史林 2』(川口市郷土史会 1969)
『川口史林 4』(川口市郷土史会 1970)
『川口史林 5』(川口市郷土史会 1970)
『近世鋳物師社会の構造 真継家を中心として』(中川弘泰著 近藤出版社 1986)
『近世の鋳物師 真継家を中心として』(中川弘泰著 近藤出版社 1977)
『真継家と近世の鋳物師』(笹本正治著 思文閣出版 1996)
キーワード
(Keywords)
鋳物師(いもじ)
産業-近世-川口市
鋳物-川口市
真継家(マツギ(ケ))
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000129093解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決