このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000129027
提供館
(Library)
千葉県立中央図書館 (2120001)管理番号
(Control number)
千県中参考-2013-9
事例作成日
(Creation date)
2013/02/06登録日時
(Registration date)
2013年03月16日 00時30分更新日時
(Last update)
2013年03月16日 00時30分
質問
(Question)
天保14(1843)年4月に徳川家慶が日光に参拝したときの行列の記録が見たい。
回答
(Answer)
『新訂増補国史大系 第49巻』収録の『続徳川実紀第二篇』天保14(1843)年4月の該当ページを提供した。
併せて、『徳川家慶日光社参行列』(徳川左大臣従一位家慶日光御社参行列 : 天保十四卯年四月十六日)の所蔵館情報と、『鳩ヶ谷歴史往来』のインターネット情報を提供した。
回答プロセス
(Answering process)
『徳川実紀』に記載されていると思われたので『徳川実紀事項索引』を見たところ、凡例に底本の『新訂増補国史大系』の巻数とその収録内容・収録年代が載っていた。『新訂増補国史大系 第49巻』に『慎徳院殿御実記(家慶)』を含む『続徳川実紀第二篇』が収録されていることが分かった。
『新訂増補国史大系 第49巻』を確認したところ、p466-500に家慶の日光社参に関する記述があった。
p489-490の文章の頭書が「家慶日光社参行列」だった。
国立国会図書館サーチで「家慶日光社参行列」を検索したところ、『徳川家慶日光社参行列』(練馬郷土史研究会 編 練馬郷土史研究会 1966)がヒットした。東京都立中央図書館所蔵ということだった。
Googleで「家慶日光社参行列」を検索したところ、国立情報学研究所のCiniiの検索結果、東京大学史料編纂所図書室所蔵の『徳川左大臣従一位家慶日光御社参行列 : 天保十四卯年四月十六日』(平野實編 練馬郷土史研究会, 1965)がヒットした。別タイトルが『徳川家慶日光社参行列』なので、東京都立中央図書館所蔵資料と同一資料であると思われる。
また、GoogleではGoogleブックスの『鳩ヶ谷歴史往来』(平野清著 文芸社 2003)のp62-63の家慶の日光社参行列に関する記述がヒットした。

(インターネット最終アクセス日:2013年2月6日)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
中国地方  (217 9版)
参考資料
(Reference materials)
『徳川実紀事項索引 上巻』(吉川弘文館編集部編 吉川弘文館 2003)(0105742532)
『国史大系 第49巻 続徳川実紀』(黒板 勝美編輯 吉川弘文館 1966)(9101895262)
キーワード
(Keywords)
徳川家慶 (トクガワイエヨシ)
日光社参 (ニッコウシャサン)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000129027解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!