このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000128789
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根参2013-01-005
事例作成日
(Creation date)
2013年01月18日登録日時
(Registration date)
2013年03月12日 17時16分更新日時
(Last update)
2015年06月13日 16時02分
質問
(Question)
正常圧水頭症について書かれた資料を見たい。
回答
(Answer)
当館所蔵資料およびインターネット情報を紹介。わかりやすい説明のあった【資料5・6】を貸出。

【資料1】『医者も知らない?治せる認知症!』(宝島社)
特発性正常圧水頭症(iNPH)の概要など解説。

【資料2】『健康長寿学大事典』(西村書店)
p296~297「正常圧水頭症」の項目に、疾患の概念と診断のためのフローチャート図の記載あり。

【資料3】『NHKきょうの健康 2012-9:294号』
p54~57「手術で改善!正常圧水頭症」
「歩行障害」「排尿障害」「認知障害」などの症状があり、年のせいと考え見逃しやすい病気だが、手術を受ければ改善が期待できると書かれている。イラストや図が多くわかりやすい。

【資料4】『NHKきょうの健康 2011-2:275号』
p94~99「ご存じですか?高齢者の特発性正常圧水頭症~手術で治せる認知症~」
具体的なケースの紹介、病気の特徴、認知症との違い、診断や手術について解説あり。

【資料5】『婦人公論 2010-8/22:第95巻第17号:No1304』
p130~132「手術で改善する認知症「特発性正常圧水頭症」を知っていますか?」
認知症の原因となる疾患の一つと書かれている。初期症状や治療法、症状チェックリストなどの記述あり。

【資料6】『看護に役立つ疾患・症候事典』(メヂカルフレンド社)
くも膜下出血の項目の「慢性期の治療」に、くも膜下出血の後遺症のなかで最後に控えるのは正常圧水頭症であると書かれており、治療について記述がある。

【資料7】『症候群ハンドブック』(中山書店)
診断、治療、所見などの項目があり、脳室拡大があるのに髄液圧が高くないことから「正常圧」と命名されたと記述あり。

【資料8】『認知症の正しい理解と包括的医療・ケアのポイント』(協同医書出版社)
認知症様症状を示す疾患としてp215に「正常圧水頭症」が挙げられおり、簡単な解説がある。


※2013.3追記
資料が少なかったことから、以下の資料を選定し受入した。

【資料9】『特発性正常圧水頭症診療ガイドライン』(協同医書出版社)

【資料10】『日本正常圧水頭症研究会発表論文集 第6回』(メディカルレビュー社)
回答プロセス
(Answering process)
(1) 医療関係の参考図書で、「正常圧水頭症」を調査。

(2) 当館OPACとTRCTool-iで「正常圧水頭症」を検索。

<参考情報>
〔Wikipedia:正常圧水頭症〕 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A3%E5%B8%B8%E5%9C%A7%E6%B0%B4%E9%A0%AD%E7%97%87 (最終確認2013/3/22)より、
正常圧水頭症は、明らかな脳圧亢進症状の見られない、水頭症の一種。日本では特定疾患に認定された指定難病。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
内科学  (493 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 伊藤隼也 編著 , 桑名信匡 監修. 医者も知らない?治せる認知症! : 簡単な手術でなおります!. 宝島社, 2010.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010930159-00 , ISBN 9784796677554 (当館請求記号 493.7/イ10/ 2013年3月購入)
【資料2】 北徹 監修 , 横出正之, 荒井秀典 編集. 健康長寿学大事典 : QOLからEBMまで. 西村書店, 2012.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I023760294-00 , ISBN 9784890134250 (p296~297「正常圧水頭症」当館請求記号 R493.1/ヨ12/ ※貸出禁止資料)
【資料3】 NHKきょうの健康 2012-9:294号 (p54~57「手術で改善!正常圧水頭症」)
【資料4】 NHKきょうの健康 2011-2:275号 (p94~99「ご存じですか?高齢者の特発性正常圧水頭症~手術で治せる認知症~」)
【資料5】 婦人公論  2010-8/22:第95巻第17号:No1304 (p130~132「手術で改善する認知症「特発性正常圧水頭症」を知っていますか?」)
【資料6】 永井良三 監修. 看護に役立つ疾患・症候事典 : 病態がわかるケアがわかる. メヂカルフレンド社, 2008.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009332087-00 , ISBN 9784839213893 (p465 当館請求記号 R492/カ08/ ※貸出禁止資料)
【資料7】 井村裕夫 総編集 , 福井次矢, 辻省次 編. 症候群ハンドブック. 中山書店, 2011.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011184416-00 , ISBN 9784521733722 (p86~87「正常圧水頭症」 当館請求記号 R493.1/シ11/ ※貸出禁止資料)
【資料8】 山口晴保 編著 , 佐土根朗, 松沼記代, 山上徹也 著. 認知症の正しい理解と包括的医療・ケアのポイント : 快一徹!脳活性化リハビリテーションで進行を防ごう. 協同医書出版社, 2005.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007790484-00 , ISBN 4763960164 (p215「正常圧水頭症」当館請求記号 493.7/ニ05/)
【資料9】日本正常圧水頭症学会特発性正常圧水頭症診療ガイドライン作成委員会 編. 特発性正常圧水頭症診療ガイドライン : iNPH 第2版. メディカルレビュー社, 2011. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011234225-00 , ISBN 9784779207570 (当館請求記号 493.7/ト11/ 2013年6月購入)
【資料10】日本正常圧水頭症研究会 編. 日本正常圧水頭症研究会発表論文集 第6回. メディカルレビュー社, 2005.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007928188-00 , ISBN 4896008952 (当館請求記号 493.7/ニ/6 2013年3月購入)
キーワード
(Keywords)
正常圧水頭症
認知症
痴呆
病気
特定疾患
難病
髄液
歩行障害
排尿障害
認知障害
特発性正常圧水頭症
高齢者
iNPH
シャント手術
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000128789解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決