このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000128768
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2012-248
事例作成日
(Creation date)
2013年01月17日登録日時
(Registration date)
2013年03月12日 15時42分更新日時
(Last update)
2013年05月31日 11時15分
質問
(Question)
明治天皇の家族(妻、その他女性、子ども)について書かれた本を見たい。
子どもたちの行く末も知りたい。
回答
(Answer)

以下の資料の記述を紹介した。
『岩波天皇・皇室辞典』(原武史、吉田裕編 岩波書店 2005)  
 p84「昭憲皇太后」の項に「天皇の子を産まなかった美子は、侍妾の存在を認めた。天皇は大正天皇の生母となる柳原愛子をはじめ5人の権典侍との間に5皇子10皇女をもうけ、そのうち1皇子4皇女が成人した」とあり。
 p82-86「昭憲皇太后」 p86「柳原愛子」の項あり。
『皇室事典』(皇室事典編集委員会編著 角川学芸出版 2009)
 p13 系図
 一条美子:子はなし
 柳原愛子:大正天皇
 園祥子:昌子内親王(竹田宮妃)、房子内親王(北白川宮妃)、允子内親王(朝香宮妃)、聡子内親王(東久邇宮妃)
『明治天皇 上』(ドナルド・キーン著 角地幸男訳 新潮社 2001)
 p165-177「第12章 才媛 美子皇后」 p394-414「第26章 早蕨の典侍」
『四代の天皇と女性たち』(小田部雄次著 文藝春秋 2002)
 p8-102「1 明治の皇后と権典侍たち」
 「明治8年9月ごろの宮中には典侍として、四辻(室町)清子、万里小路祥子、高倉寿子、権典侍として西洞院成子、柳原愛子、上松務子がおり、また権掌侍に千種任子、税所敦子、権命婦に平尾歌子(下田歌子)らがいた(後略)」とあり。
 天皇の側室と皇子女について記述あり。
 p23 4人の内親王の写真あり。
 p71「成人した4人の皇女はすべて皇族と婚姻し(中略)明治天皇の皇女で婚家により臣籍降下した者はいなかった」とあり。
『皇族に嫁いだ女性たち』(小田部雄次著 角川学芸出版 2009)
 p52-68 「4 内親王の婚家」
 明治天皇の4人の内親王について系図・写真を含め12ページ弱の記述あり。この他に、p141北白川宮妃房子p161東久邇宮妃聡子などが散見される。 

その他参考になると思われる資料
『皇后の近代』(片野真佐子著 講談社 2003)
 p19-23「一条美子の入内」、p46-54「皇太子嘉仁の誕生」等
『皇后四代 明治から平成まで』(保阪正康著 中央公論新社 2002)
 p3-37「昭憲皇太后(明治)」

回答プロセス
(Answering process)
皇室に関する参考図書の他、NDC分類〈288.41〉の書架の資料などを確認した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
系譜.家史.皇室  (288 9版)
参考資料
(Reference materials)
『岩波天皇・皇室辞典』(原武史、吉田裕編 岩波書店 2005)
『皇室事典』(皇室事典編集委員会編著 角川学芸出版 2009)
『明治天皇 上』(ドナルド・キーン著 角地幸男訳 新潮社 2001)
『四代の天皇と女性たち』(小田部雄次著 文藝春秋 2002)
『皇族に嫁いだ女性たち』(小田部雄次著 角川学芸出版 2009)
『皇后の近代』(片野真佐子著 講談社 2003)
『皇后四代 明治から平成まで』(保阪正康著 中央公論新社 2002)
キーワード
(Keywords)
明治天皇
昭憲皇太后
柳原 愛子(ヤナギハラ アイコ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000128768解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!