このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000128538
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-3A-201303-01
事例作成日
(Creation date)
2011年03月28日登録日時
(Registration date)
2013年03月02日 10時30分更新日時
(Last update)
2014年08月29日 00時30分
質問
(Question)
磯歯津路(しはつみち)について知りたい。
回答
(Answer)
 「磯歯津路」は、雄略天皇の時代(5世紀後半頃)にあったとされる古代の道です。住吉津(すみのえのつ、細江川の河口付近にあった古代の港で、外交使節の発着地として重要な位置を占めていました)から奈良へと向かう古代の国際街道でした。
 『日本書紀』の「雄略天皇14年条」に、「是(こ)の月に、呉客(くれのまれひと)の道を為(つく)りて、磯歯津路(しはつみち)に通(かよは)して呉坂(くれさか)と名(なづ)く」との記述があります。当時の中国の王朝から渡来した人々は住吉津に上陸した後、磯歯津路を通り、旧大和川を利用し、水路・陸路をたどって奈良に向かったと考えられます。
 また、この磯歯津路から眺められる、現在の住吉区から東住吉区にかけての丘を四極(しはつ)山とよび、『万葉集』にも詠まれています。
 磯歯津路は、現在のところ、発掘調査では見つかっていない「まぼろしの古道」ですが、摂津・河内の国境線となる八尾街道、現在の長居公園通りにほぼ沿っていた道と考える説が有力です。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
近畿地方  (216 9版)
参考資料
(Reference materials)
当館書誌ID <0000706916>  大阪市住吉区南住吉遺跡発掘調査報告 大阪市文化財協会/編集 大阪市文化財協会 1998.3 4-900687-25-1
当館書誌ID <0000156512>  日本歴史地名大系 28-[1] 大阪府の地名 1  平凡社 1986.2 4-582-49028-X
当館書誌ID <0090013173>  大阪春秋 -大阪の歴史と文化と産業と- 26 特集:河内のすベて 後編 大阪春秋社/[編] 大阪春秋社 1980
『住吉区史』大阪都市協会編集 住吉区制七十周年記念事業実行委員会 1996 <当館書誌ID:0000624165>
『新編日本古典文学全集3 日本書紀2』小学館 1996 ISBN 4-09-658003-1<当館書誌ID:0000571945>
『日本古典文学全集2 万葉集1』小学館 1978 <当館書誌ID:0000237559>
キーワード
(Keywords)
大阪府大阪市住吉区
磯歯津路
しはつみち
住吉津
古道
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000128538解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!