このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000128535
提供館
(Library)
蒲郡市立図書館 (2310237)管理番号
(Control number)
蒲郡-2013-01251-般
事例作成日
(Creation date)
2013年1月25日登録日時
(Registration date)
2013年03月01日 18時25分更新日時
(Last update)
2013年11月19日 13時33分
質問
(Question)
一般に、選挙において立候補と推薦ではどちらが優先とするのが妥当か、知りたい。
回答
(Answer)
公職選挙法では、立候補制度を採用しており、立候補の届け出をしたものでなければ、有効に当選人となることはできない。(その立候補の届け出の方法には本人届出と推薦届出がある。)したがって、立候補が前提であり、推薦とではどちらが優先かとはいえない。ただし、町内会役員や学級委員の選挙程度の規模では立候補が優先されるようである。
回答プロセス
(Answering process)
1.『公職選挙法の解説』のP45に、「立候補制度とは、立候補の届け出をした者でなければ、有効に当選人となることができないとするものであるが、公職選挙法はこれを採用している。」という記述あり。2.『28の用語でわかる!選挙なるほど解説 : 選挙のしくみ・選挙運動のしくみ・投票のしくみ・これからの選挙』のP36に、「立候補を届けでる方法には、候補者となろうとする本人みずからが届けでる「本人届出」と選挙人名簿に登録された本人以外の人が、本人の承諾を得た上で届けでる「推薦届出」があります。」という記述がある。3.『町内会のすべてが解る!「疑問」「難問」100問100答 : 防犯・防災から快適なまちづくりまで』のP123に、「民主的な役員選びということでは、立候補による会員選挙が最も公平な形ですが、立候補者がいなければ、これは不可能です。そこで、立候補者なしの選挙ですが、…云々…。 そうなると、現実的なのは役員選考委員会をつくり、候補者本人の了承を得たうえで委員会が推薦し、総会で承認するという方式です。」という記述がある。この文面からは、町内会役員選挙くらいの規模では、立候補が優先されるのが妥当といえそうである。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
議会  (314 9版)
参考資料
(Reference materials)
吉田善明 [ほか]著. 公職選挙法の解説. 一橋出版, 1991.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002163247-00 , ISBN 4891965932
福岡政行 監修・著. 28の用語でわかる!選挙なるほど解説 : 選挙のしくみ・選挙運動のしくみ・投票のしくみ・これからの選挙. フレーベル館, 2009.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010013383-00 , ISBN 9784577036549
中田実, 山崎丈夫, 小木曽洋司, 小池田忠 共著. 町内会のすべてが解る!「疑問」「難問」100問100答 : 防犯・防災から快適なまちづくりまで. じゃこめてい出版, 2008.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009916911-00 , ISBN 9784880434087
キーワード
(Keywords)
選挙
立候補
推薦
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
制度
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000128535解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決