このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000128471
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20130226-2
事例作成日
(Creation date)
2013年02月26日登録日時
(Registration date)
2013年02月26日 14時35分更新日時
(Last update)
2013年02月27日 22時23分
質問
(Question)
『寛平御記』について知りたい。
回答
(Answer)
寛平御記(かんぴょうぎょき) Yahoo!百科事典[日本大百科全書(小学館)]
http://100.yahoo.co.jp/detail/%E5%AF%9B%E5%B9%B3%E5%BE%A1%E8%A8%98/  (2013/02/26確認)
『宇多(うだ)天皇御記』ともいう。同天皇の日記。宇多・醍醐(だいご)・村上(むらかみ)3天皇の御記をあわせて「三代御記」と総称する。1313年(正和2)当時は10巻の伝存が知られるが、現在は散逸。・・・

かんぴょうぎょき【寛平御記】 国史大辞典 ⇒宇多天皇宸記(うだてんのうしんき)
宇多天皇の日記。『寛平御記』ともいい、また醍醐・村上両天皇の御記とあわせて『三代御記』と称せられる。巻数については『花園天皇宸記』正和二年(一三一三)十月四日条によると、当時十巻存したことが知られるが、現在は一巻も伝存せず、わずかに『西宮記』『政事要略』『扶桑略記』『小野宮年中行事』その他の書に、仁和三(八八七)・四、寛平元(八八九)・二・三・四・六・八・九の各年次の記事が一部引載されているにすぎない。・・・
なお本記の逸文を拾録したものに、江戸時代後期中津広昵纂輯の『宇多天皇御記』(『歴代残闕日記』に収む)があり、さらに和田英松により増補・校訂されたものが『続々群書類従』記録部、『列聖全集』宸記集上、『(増補)史料大成』一に収めて刊行されている。
[参考文献]
和田英松『皇室御撰之研究』

宇多天皇御記【うだてんのうぎょき】 コトバンク
http://kotobank.jp/word/%E5%AE%87%E5%A4%9A%E5%A4%A9%E7%9A%87%E5%BE%A1%E8%A8%98  (2013/02/26確認)
回答プロセス
(Answering process)
日本古典籍総合目録データベースで検索した。

著作ID 668224
統一書名 宇多天皇御記 ( うだてんのうぎょき ), K, 1
巻冊 一〇巻 別書名
[ 1 ] 寛平御記( かんぴょうぎょき )
[ 2 ] 寛平聖主記( かんぴょうせいしゅき )
[ 3 ] 宇多天皇宸記( うだてんのうしんき )
[ 4 ] 宇多御記( うだぎょき )
分類 日記
著者 宇多/天皇
国書所在
【写】宮書(歴代残闕日記一‐三),東大(一冊)
【複】〔活〕続々群書類従五・列聖全集宸記集上・[補遺]増補史料大成一歴代宸記
著作種別 和古書
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
日本古典籍総合目録データベース 国文学研究資料館
http://base1.nijl.ac.jp/~tkoten/about.html  (2013/02/27確認)
キーワード
(Keywords)
寛平御記 かんぴょうぎょき
宇多天皇宸記 うだてんのうしんき
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000128471解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決