このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000127730
提供館
(Library)
東京都江戸東京博物館 図書室 (4110007)管理番号
(Control number)
edo2012-02
事例作成日
(Creation date)
2012年9月1日登録日時
(Registration date)
2013年02月01日 09時34分更新日時
(Last update)
2016年01月27日 16時58分
質問
(Question)
江戸時代、節分に年越蕎麦を食べることがあったか?
回答
(Answer)
 まず、『日本の食文化大系14そば通』(東京書房社・1985年)p123に年越蕎麦を「節分の夜に食う慣例がある」とあります。これには節分蕎麦という言い方があり、新装版『蕎麦辞典』(東京堂出版・1996年)に「年越しそばといっても差支ない」「大晦日そばの年越しそばと区別すべき」「節分そばを食べる地方は相当に多い」といったことが書かれ、『蕎麦の事典』(柴田書店・1999年)には「本来はこの節分そばを「年越しそば」といい、「大晦日そば」と区別される」とあります。さて、太陽暦を使っている現代では節分は立春の前日の2月3日(頃)と決まっていますが、江戸時代の暦は太陰太陽暦であり、節分が12月中になることもありました。『蕎麦 江戸の食文化』(岩波書店・2001年)p203に江戸時代は「節分が本当の年越しとの考え方もあったので」とあり、『大坂繁花風土記』(文化11年)からの引用で「十二月三十日 晦日そばとて、皆々そば切く(喰)ろふ。当月節分、年越蕎麦とて食す」とあります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衣住食の習俗  (383 9版)
年中行事.祭礼  (386 9版)
食品.料理  (596 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本の食文化大系14そば通』(東京書房社・1985年)
新装版『蕎麦辞典』(東京堂出版・1996年)
『蕎麦の事典』(柴田書店・1999年)
『蕎麦 江戸の食文化』(岩波書店・2001年)
『江戸っ子はなぜ蕎麦なのか?』(岩崎信也著 光文社 2007年 3838/197/007 p.125-128)
キーワード
(Keywords)
蕎麦
そば
節分
年越
大晦日
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
※関連リンク (社)日本麺類業団体連合会  http://www.nichimen.or.jp/index.html (2013/2/1確認)「麺類雑学辞典」に年越しそばについて解説あり。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000127730解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter








新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ