このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000127719
提供館
(Library)
京都府立高等学校図書館協議会司書部会 (1210025)管理番号
(Control number)
京高図司-2012-02
事例作成日
(Creation date)
2013年01月31日登録日時
(Registration date)
2013年02月01日 15時44分更新日時
(Last update)
2015年04月20日 11時16分
質問
(Question)
ドビュッシー作曲の管弦楽曲「海」が、葛飾北斎の浮世絵「富嶽三十六景~神奈川沖波裏」に曲想を得ているように、 絵画と音楽の関係について書いてある本がないか。
回答
(Answer)
「クラシック・イン(参考資料)」に、音楽と絵画を関連づけた記事が散見される。
ほか参考資料を提示した。
回答プロセス
(Answering process)
音楽の授業の教材に、「海」と「神奈川沖波裏」をいつも使っているが、ほかにこのような事例がないか?また、音楽と絵画の関係について書かれた本、まとまった記述はないか?
ムソルグスキー「展覧会の絵」は、絵画群との対応であるし、またハルトマンの絵画自体がややマイナーで、画集にも収録されていない。など、ぴったりくる対応は、ありそうで、あまりない。
「クラシック・イン」の執筆者から、著作や論文を辿ろうとしたが、このテーマでのまとまった図書は見つからなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
音楽.舞踊.バレエ  (76 9版)
絵画.書.書道  (72 9版)
参考資料
(Reference materials)
「クラシック・イン 全50巻」小学館、2005-6
『音楽の森 名随筆選 3 絵と音の対話』辻邦生編、音楽之友社、1989
『ムーサの贈り物 絵画・詩・音楽の出会うところ ドイツ編』喜多尾道冬、音楽之友社、2005
「MOSTLY CLASSIC」 vol.178、産経新聞出版、2012
図書館展示 2007/2 「絵画と音楽」(国立音楽大学付属図書館HP) http://www.lib.kunitachi.ac.jp/tenji/2006/tenji0702.pdf  (2013年1月31日確認)
キーワード
(Keywords)
音楽
印象派
象徴派
絵画
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
*図書や雑誌記事にあたるうち、「海」の初版スコアの表紙に、「神奈川沖波裏」に似た絵柄が使われてることが判明。 また、「海」を書き始めた1903年夏、ドビュッシーは「自分の記憶の中の海を描く」と手紙で書いていることも判明。質問の出発点に疑義が生じることになった。文献紹介が、事実調査的な意味合いをもつこととなった。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
教職員
登録番号
(Registration number)
1000127719解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!