このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000127644
提供館
(Library)
高知県立図書館 (2110040)管理番号
(Control number)
I2012-90
事例作成日
(Creation date)
2012年12月26日登録日時
(Registration date)
2013年01月30日 09時50分更新日時
(Last update)
2013年01月30日 16時50分
質問
(Question)
対面音訳で、朝鮮半島の歴史についての本を読む。その参考資料とするため、ハングル読みから漢字表記を調べることができる資料が欲しい。特に人名と地名。例えば、「ピョンヤン」から「平壌(へいじょう)」を調べることができ、できれば解説も付いている資料。
回答
(Answer)
当館の所蔵本を調べるが、漢字表記からハングル読みを調べられる資料は複数見つかるものの、ハングル読みから漢字表記を調べられる資料は少ないようである。

<人名について>
 ・『韓国歴史用語辞典』(明石書店 2011年)
   ・・・漢字の読みから引く辞典で875用語を解説とともに収録。人名にはハングルとその読みが併記されており、巻末に「人名(韓国語読み)索引」があるため、人名に限ってはハングル読みからも引ける。

<地名について>
・『コンサイス外国地名事典 第3版』(三省堂 1998年)
  ・・・世界各国の地名を解説とともに収録。凡例に「朝鮮については見出語の後にハングル文字の読みをカタカナで、次にハングル文字の転写を記した」とある。例えば「ピョンヤン」から「平壌(へいじょう)」を調べて解説を読むことができる。なお「へいじょう」で引くと、「ピョンヤン」をみよ、となっている。

<その他、参考に下記も紹介>
・『朝鮮を知る事典 新訂増補』(平凡社 2000年)
  ・・・50音配列による項目編で、凡例には「朝鮮の人名、地名などは原則として日本語読みで配列し、朝鮮語音の転写を付記」とある。ただし巻末の索引では、「同一事項であっても読みや表記が異なる場合および別称などについてはそれぞれ独立した索引項目」となっており、特に「本文中で朝鮮音をかたかなで表記した事項のうち、頻度の高いものは索引項目とし、漢字表記が併記されている場合はこれをかっこ内に付記」「この場合多くは漢字の日本語読みも索引項目とし、これにかたかな表記を付記して検索の便を図った」とある。例えば《ヒ》の項に「ピョンヤン⇒平壌」とあり、《ヘ》の項には「平壌」がある。

・『最新韓国基本地図』(帝国書院 1989年)
  ・・・巻末にハングル読みでの地名索引に、漢字が併記されている。例えば「ピョンヤン 平壌」。解説はないが地図上で位置が分かる。

・『朝鮮人物事典』(大和書房 1995年)
  ・・・テーマ別構成の人物事典。凡例に「項目にとりあげた人名の読みかたは、ひらがなで日本語読みを示し、朝鮮人については便宜的にカタカナで韓国の現代音を示してある」「なお、日本でうけいれられている朝鮮語音については、両班(ヤンバン)などカッコ書きで示した」とあり。巻末に索引があるが、日本語読み50音順の配列。ただし朝鮮人の名前にはカタカナで韓国の現代音を示してある。
回答プロセス
(Answering process)
2類の参考図書の棚をブラウジングして回答のものを見つける。下記などもあったが、ハングル語から引くことができず、今回の内容には不適。8類の辞書類も今回の内容には不適。

・『韓国・朝鮮人名仮名表記字典 改訂版』
   ・・・韓国・朝鮮の人名に使われる幹事を集め、日本語の音読みによって50音・画数順に配列し、ひとつの漢字につき「ハングル、万国音標文字、カタカナの三種類の表音文字によってその発音を示した」とある。巻末に画数での索引あり。ハングル読みから引くことはできない。
・『大韓民国地名便覧 2012年版』(日本加除出版 2011年)
  ・・・凡例に、「特別市、広域市、道別に、市、区、郡(邑・面)別の行政区域の変遷と現行地名を「地名の読みについては読者の便を考え「ハングル」音に近い表現で掲載」とある。索引がないため引くことは困難。
・『現代北朝鮮地名辞典』(国書刊行会 1982年)および『中国・朝鮮 地名別称索引』(国書刊行会 1977年)
  ・・・前者は北朝鮮の行政区域上の地名を収録しており、漢字名・ハングル・「ハングルによる地名を音節ごとに独立させて音訳したカタカナ」・「McCune-Reischauer systemによるアルファベット」「地名コード」を併記。巻末にアルファベット索引。後者は地名の別称(異名)を調べるための索引。漢字表記のみ。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
朝鮮  (221 9版)
参考資料
(Reference materials)
『韓国歴史用語辞典』(イ・ウンソク/著 ファン・ビョンソク/著 三橋広夫/訳 三橋尚子/訳 明石書店 2011年)(R/221 自館ID1106618703)
『コンサイス外国地名事典 第3版』(三省堂編修所/編 三省堂 1998年)(R/290.3 自館ID1101571337)
『朝鮮を知る事典 新訂増補』(伊藤 亜人/〔ほか〕監修 平凡社 2000年)(R/221 自館ID1103551923)
『最新韓国基本地図』(教学社/著 帝国書院 1989年)(R/292.138 自館ID1100846193)
『朝鮮人物事典』(木村誠/〔ほか〕編集 大和書房 1995年)(R/282.1/C 自館ID1100833860)
『韓国・朝鮮人名仮名表記字典 改訂版』(人名仮名表記字典編集委員会/編 ブレーンセンター 1984年)(R/282.1/K 自館ID1100833886)
『大韓民国地名便覧 2012年版』(日本加除出版株式会社編集部/編 大韓民国行政安全部自治制度課/監修 日本加除出版 2011年)(R/292.1 自館ID1106706128)
『現代北朝鮮地名辞典』(国際関係共同研究所/編著 国書刊行会 1982年)(R/292.1/K 自館ID1100847019)
『中国・朝鮮 地名別称索引』(国書刊行会/編 国書刊行会 1977年)(R/292/C 自館ID1100846995)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000127644解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!