このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000127526
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
OSPR12060070
事例作成日
(Creation date)
2012/08/31登録日時
(Registration date)
2013年01月27日 02時00分更新日時
(Last update)
2014年04月05日 20時14分
質問
(Question)
世界各国の女らしさ、男らしさの比較がわかる本を探しております。
多くの国の比較ができる文化人類学的な辞書、書籍を希望します。

『60ヶ国世界比較文化事典』(T.モリスン/ほか著 幾島幸子/訳 マクミランランゲージハウス 1999.10)
以外の資料を紹介してください。
回答
(Answer)
1冊で多くの国の比較ができる事典は見つかりませんでした。以下調査した資料を記します。

(文化人類学的視点)
1.『女の文化人類学:世界の女性はどう生きているか』(綾部恒雄/編 弘文堂 1982.3)
各地の普通の女性の一生を紹介した民族誌。国によっては女らしさ等についての記述があります。
p.10「ヘヤー・インディアンの文化にも男らしい男、女らしい女というようなイメージがはっきりある。女は肩巾の広い男らしい男にあこがれ、男は黒髪の女らしい女を好ましく思う。」
p.68(ケニア・カンバの女)「カンバ社会で美人の条件は(中略)太陽のように輝いた肌をしていることである。」
p.102(インドの女)「古くからインドに伝わる美人像とは(中略)脚の皮膚は象のように固く、バナナの幹よりも冷たい。(後略)」
p.322(アメリカの女)「やさしくて人から愛される”女らしい”娘になるようなしつけをしている」

2.『女の民族誌 1 アジア篇』(綾部恒雄/編 弘文堂 1997.10)
1.の姉妹編。各地の女性の一生を紹介した民族誌。
p.174(マラナオの女性)「男性は強く逞しく、女性はあくまでも華麗にエレガントにというのが理想」

3.『女の民族誌 2 欧・米・中東・アフリカ・オセアニア篇』(綾部恒雄/編 弘文堂 1997.10)
p.149(イヌイットの女性)「イヌイット社会では良い女とは(中略)女性としての仕事をしっかりとこなし、かつ数多くの子供を生むことができる健康な女性のこと」

4.『「男らしさ」の人類学』(デイヴィッド・ギルモア/著 春秋社 1994.9)
世界各地の男らしさについて述べています。
p.14「男らしいイメージを維持するために、彼らは全身で危険に挑む」(ミクロネシア トラック島)

(統計・地図)
世界の女性が置かれた状況を数字で読み取れる資料です。
5.『地図でみる世界の女性』(ジョニー・シーガー/著 明石書店 2005.2)
各国の女性の現状、ジェンダーに関する項目が色分け地図、グラフで確認できます。

6.『ジェンダーの世界地図』(菅原由美子/著 大月書店 2004.11)
各国の女性の現状、ジェンダーに関する項目が色分け地図、グラフで確認できます。こども向け資料です。

7.『世界の女性 2010 傾向と統計』(国際連合/[編] 日本統計協会 2011.12)
世界の女性と男性の地位に関する統計と分析を現状・時系列項目で表わしています。

(その他調査資料)
8.『多文化世界:違いを学び共存への道を探る』(G・ホフステード/著 有斐閣 1995.2)
50カ国+3地域のIBM社員の意識調査等を用いて国レベルの文化の違いを述べています。
p.82-114「第4章 男性・女性・人間」
調査票(質問事項)は、下記の資料に収録されています。
9.『経営文化の国際比較:多国籍企業の中の国民性』(ギァート・ホーフステッド/著 産業能率大学出版部 1984.2)
 
(インターネット情報)
10.第8回 世界青年意識調査(平成21年3月 内閣府政策統括官(共生社会政策担当)
http://www8.cao.go.jp/youth/kenkyu/worldyouth8/html/mokuji.html

第7章 人生観関係 5.男女関係 に男女の役割観、結婚観があります。
日本、韓国、アメリカ、イギリス、フランスで比較。

11.高校生の生活と意識に関する調査(2004年2月発表)
http://www1.odn.ne.jp/youth-study/reserch/index.html
問12で男性のイメージ、女性のイメージを質問しています。(単純集計結果、男女別集計結果)
日本、米国、中国、韓国で比較。

海外旅行の「地球の歩き方」のサイトで各国のもてる男性、女性特集がありました。
12.“見た目”どんな男性がモテる?世界各国編(海外旅行の「地球の歩き方」)
http://tokuhain.arukikata.co.jp/info/2010/06/post_7.html

13.“見た目”どんな女性がモテる?世界各国編(海外旅行の「地球の歩き方」)
http://tokuhain.arukikata.co.jp/info/2010/05/post_6.html

10,11はドーンセンター情報ライブラリーに照会し、回答を得ました。
ドーンセンター情報ライブラリー(2012.06.24現在)
http://www.dawncenter.or.jp/libsrch/index.jsp
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
社会.家庭生活の習俗  (384 8版)
参考資料
(Reference materials)
『女の文化人類学:世界の女性はどう生きているか』(綾部恒雄/編 弘文堂 1982.3)(ページ:10,68,102,322)
『女の民族誌 1 アジア篇』(綾部恒雄/編 弘文堂 1997.10)(ページ:174)
『女の民族誌 2 欧・米・中東・アフリカ・オセアニア篇』(綾部恒雄/編 弘文堂 1997.10)(ページ:149)
『「男らしさ」の人類学』(デイヴィッド・ギルモア/著 春秋社 1994.9)(ページ:14)
『地図でみる世界の女性』(ジョニー・シーガー/著 明石書店 2005.2)
『ジェンダーの世界地図』(菅原由美子/著 大月書店 2004.11)
『世界の女性 2010 傾向と統計』(国際連合/[編] 日本統計協会 2011.12)
『多文化世界:違いを学び共存への道を探る』(G・ホフステード/著 有斐閣 1995.2) (ページ:82-114)
『経営文化の国際比較:多国籍企業の中の国民性』(ギァート・ホーフステッド/著 産業能率大学出版部 1984.2)
第8回 世界青年意識調査(2012/6/26現在) (ホームページ: http://www8.cao.go.jp/youth/kenkyu/worldyouth8/html/mokuji.html )
高校生の生活と意識に関する調査(2012/6/26現在) (ホームページ: http://www1.odn.ne.jp/youth-study/reserch/index.html )
.“見た目”どんな男性がモテる?世界各国編(海外旅行の「地球の歩き方」)(2012/6/26現在) (ホームページ: http://tokuhain.arukikata.co.jp/info/2010/06/post_7.html )
“見た目”どんな女性がモテる?世界各国編(海外旅行の「地球の歩き方」)(2012/6/26現在) (ホームページ: http://tokuhain.arukikata.co.jp/info/2010/05/post_6.html )
キーワード
(Keywords)
性差 文化人類学 ジェンダー
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000127526解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!