このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000127516
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
OSPR12070006
事例作成日
(Creation date)
2012/08/31登録日時
(Registration date)
2013年01月27日 02時00分更新日時
(Last update)
2014年04月05日 20時22分
質問
(Question)
支配労働価値論について分かりやすく解説した資料がみたい。
『経済学史:経済学の生誕から現代まで』(早坂忠/編著 ミネルヴァ書房 1989.1)p.49に出てくる。
子ども向け資料でもよい。岩波の資料は難しいので外してほしい。
回答
(Answer)
調査結果は次のとおりです。

『アダム・スミスの経済理論』(星野彰男/著 関東学院大学出版会 2010.10)
 p.41「スミスは、資本制社会においては、資本と土地占有があるために、労働生産物の中から利潤と地代が控除されなければならないという。(略)支配労働量には、その商品価格の賃金部分の他に利潤・地代部分の支配労働も含まれるからだ。したがって、そこでは、投入労働量だけではその商品価格を決定できず、その価格の大きさは支配労働量だけで測られる。これが資本制社会においても支配労働価値論が成立しうる根拠だとされた。」とある。
この他、この図書には巻末に索引がついており、別のページでも「支配労働価値論」 について触れている。

(児童書)『自由主義の夜明け:アダム・スミス伝』(水田洋/著 国土社 1990.5)
 支配労働量の説明がある。
p.136「スミスによれば、前資本主義社会では、財産の価値は投下労働量に決定され、それに従って交換されていた。投下労働量と支配労働量はひとしかったのである。ところが、資本主義社会では、財貨の価値は、投下労働量だけではきまらなくなり。これに利潤該当部分と地代該当部分とをつけくわえたものとなるから、この合計額がこの商品の市場における支配労働量だというのである。」

『世界大百科事典 30』平凡社 2005
「労働価値説」の項目に支配労働価値説が出てくる。
p.270「その規定が商品を生産するのに投下された労働量によるのか(投下労働価値説)、それとも商品が支配できることのできる労働量によるのか(支配労働価値説)」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
経済学.経済思想  (331 8版)
参考資料
(Reference materials)
『アダム・スミスの経済理論』(星野彰男/著 関東学院大学出版会 2010.10)(ページ:41)
『自由主義の夜明け:アダム・スミス伝』(水田洋/著 国土社 1990.5)(ページ:136)
『世界大百科事典 30』平凡社 2005 (ページ:270)
キーワード
(Keywords)
Smith Adam 経済学 Sumisu Adamu
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000127516解決/未解決
(Resolved / Unresolved)