このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000127441
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
OSPR11120016
事例作成日
(Creation date)
2011/12/14登録日時
(Registration date)
2013年01月26日 02時00分更新日時
(Last update)
2013年08月15日 19時49分
質問
(Question)
NPO団体のスタッフの”労働環境”などを知ることのできる、文献・資料はございますか。
島田 恒『NPOという生き方』(PHP研究所 2005) を読んだのですが、
組織の仕組み程度の説明だったので、より具体的なデータが知りたいです。
回答
(Answer)
NPO団体スタッフの労働環境"ということですので、スタッフの給与、賃金を中心に調査いたしました。

1.『NPOの有給職員とボランティア その働き方と意識 』(労働政策研究報告書No.60 労働政策研究・研修機構/編 労働政策研究・研修機構/出版 2006.5)
 第2章ー第2節が「働き方」の項があり、1.活動年数 2.活動時間 3.有給職員の賃金となっています。
以下のページで全文が閲覧できます。
http://www.jil.go.jp/institute/reports/2006/060.htm

2.「NPO法人活動実態調査」経済産業研究所(RIETI)
http://www.rieti.go.jp/jp/projects/npo/index.html2002 ~2005までの調査結果の「2.組織・人員体制」の項に事務局スタッフの一人当たり平均給与の記述があります。

3.『NPOにおける若者の就労支援に関する調査研究「生きる価値の再構築」』(加藤志保/著 全国勤労者福祉・共済振興協会 2010.2)
http://www.mogisenkyo.net/hayadai/data/SurveyForNPO.pdf

P9 (3)「NPO法人の雇用状況」の項に「NPOからの収入は平均で年収約160万円、全体の約3分の2は年収200万円未満である。」(「NPOで働く若者の活動実態と生活意識」第一生命経済研究所ライフデザイン研究本部副主任研究員 北村安樹子による)※1とあります。また、「平成18年度NPO法人の活動に関する調査研究(NPO法人調査)」(経済産業研究所「NPO法人調査」2006)※2によると、事務局スタッフ数ゼロが27.3%、1人19.1%、2人62.8%であり、常勤スタッフの平均給与(年間)は約166万円で、200万円未満の団体が2.8%である。さらに、「NPO白書2007」(山内直人・田中敬文・河井孝仁/編)によると、NPO職員の平均月収は15.8万円であり、年収換算では189.6万円となる。」とあります。表1-1-1ではNPO職員の平均月収(事務局長、一般職員全体、男性平均、女性平均、全体平均」の表(出典:「NPO白書2007」※3)があります。

※1は以下のページで見ることができます。
「NPOで働く若者の活動実態と生活意識」
http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/ldi/note/notes0707a.pdf

※2は以下のページで見ることができます。前出2.の調査と同じです。
「平成18年度 NPO法人の活動に関する調査研究(地方自治体調査)報告書」
http://www.rieti.go.jp/jp/projects/npo/2006/2.pdf

※3「NPO白書2007」(山内直人、田中敬文、河井孝仁/編 大阪大学大学院国際公共政策研究科NPO研究情報センター出版)は大阪府立図書館では所蔵しておりません。
国立国会図書館、大学図書館で所蔵されていますので、所属の大学図書館にお問い合わせください。

4.『若年層NPO・NGOスタッフ就業実態調査 調査報告書(第一版)』
http://workingforsocialchange.info/upload_documents/NPOstaff_report_ver1.pdf

4-1「NPOの雇用環境の現状」P15に(2) 若年層職員の雇用条件の概要の項目があり、「スタッフの雇用条件(収入面)を見てみると、一ヶ月の給与(諸手当・賞与を含まない基本給の総額)は、4 割が、「15~20 万円」、2 割が、「10~15 万円」または「20~25 万円」だった(スタッフ調査)。通勤手当は約7 割の人が受取っており、それ以外の手当については、ほとんど受取っていない現状が明らかになった(対象外という理由で受け取っていないケースも考えられる)。」とあります。

4-2「NPOの人事諸制度の整備状況と課題」P17に(1)人事諸制度の整備状況の項目があります。

5.「NPO・NGOキャリア情報ポータルサイト」のページに以下の項目があります。
2. NPO・NGOの働く環境
http://workingforsocialchange.info/jobguide/basic/basic-002/

6.『社会貢献でメシを食う。』(竹井善昭/著 ダイヤモンド社 2010.9) 
P58-63に「年収200万円 NPO業界の現実」「NPO先進国アメリカの実情」の項があります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
企業.経営  (335 8版)
参考資料
(Reference materials)
『NPOの有給職員とボランティア その働き方と意識労働政策研究報告書No.60』( 労働政策研究・研修機構/編集 労働政策研究・研修機構/出版 2006.5)
『NPOにおける若者の就労支援に関する調査研究「生きる価値の再構築」』(加藤志保/著 全国勤労者福祉・共済振興協会 2010.2)
『社会貢献でメシを食う。』(竹井善昭/著 ダイヤモンド社 2010.9)
NPOの有給職員とボランティア その働き方と意識(2011/12/14現在) (ホームページ: http://www.jil.go.jp/institute/reports/2006/060.htm )
NPO法人活動実態調査(2011/12/14現在) (ホームページ: http://www.rieti.go.jp/jp/projects/npo/index.html )
NPOにおける若者の就労支援に関する調査研究「生きる価値の再構築」(2011/12/14現在) (ホームページ: http://www.mogisenkyo.net/hayadai/data/SurveyForNPO.pdf )
NPOで働く若者の活動実態と生活意識(2011/12/14現在) (ホームページ: http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/ldi/note/notes0707a.pdf )
平成18年度 NPO法人の活動に関する調査研究(地方自治体調査)報告書(2011/12/14現在) (ホームページ: http://www.rieti.go.jp/jp/projects/npo/2006/2.pdf )
若年層NPO・NGOスタッフ就業実態調査 調査報告書(第一版)(2011/12/14現在) (ホームページ: http://workingforsocialchange.info/upload_documents/NPOstaff_report_ver1.pdf )
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
統計・各種データ
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000127441解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!