このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000127432
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2012-094
事例作成日
(Creation date)
2012年09月07日登録日時
(Registration date)
2013年01月25日 15時41分更新日時
(Last update)
2016年07月13日 11時56分
質問
(Question)
大正期-終戦直後の三峯神社(秩父市)の参拝者数についての統計を探している。年度ごとの統計等が見たい。
回答
(Answer)
下記の資料に年代の一部の参拝者数が掲載されている。ただし各年ごとの参拝者数については、見つからなかった。
『日本地誌 6 群馬県・埼玉県』(二宮書店 1981)
p440「三峰」
「桜井徳太郎によれば、三峰講参拝者数は次のとおりである。」とあり。
1839年(天保10)、1854年(安政1)、1868年(明治1)、1922年(大正11)、1930年(昭和5)、1935年(昭和10)、1945年(昭和20)の参拝者数が記載されている。
上記の資料に参拝者数についての参考文献の記載はないが、下記の資料が出典と思われる。
『講集団成立過程の研究』(桜井徳太郎著 吉川弘文館 1977)
p547-554「三峯講-外来信仰伝道者が氏子の場合-」
p549に「第11表 年代別登拝数統計表(日鑑及び講社台帳による)」
享保12(1727)~文政5(1822)、1839年(天保10)、1854年(安政1)明治1年、大正11年、昭和5年、昭和10年、昭和20年の統計あり。上記の資料と同じ数値。
「日鑑及び講社台帳による」と記載あり。
参拝者数ではないが、
p548「府県別三峯講中分布表(昭和23年調査)」(三峯神社講社台帳に拠る)あり。

『桜井徳太郎著作集 1 講集団の研究』(桜井徳太郎著 吉川弘文館 1988)
上記の論文が記載されている。
p547-554「三峯講-外来信仰伝道者が氏子の場合-」
p549「府県別三峯講中分布表(昭和23年調査)」(三峯神社講社台帳に拠る)

『三峰山』(三峰神社社務所 1965)
p44-47「講社の分布」
p46 講社・講員の府県別表あり(昭和15年)。
   長野、埼玉、千葉、茨城、群馬、栃木、東京、山梨、静岡の講社数、講員数。
   参拝講社の府県別表(昭和13年、昭和33年)
   東京、千葉、埼玉、群馬、茨城、神奈川、栃木、長野の参拝講社数。

三木一彦「関東平野における三峰信仰の展開-武蔵国東部を中心に-」(『文教大学教育学部紀要第39集』p63-77 文教大学 2005)
p71「表5 並塚三峰講の沿革(三峰山博物館所蔵,『並塚三峰神社新築年号并講社調書』により作成)」表あり
享和元年(1801)~昭和18年(1943)までの葛飾郡並塚村の講員数と代参人数の統計。
p73「表6 伊藤谷(綾瀬)三峰講の沿革(吉田裕家所蔵の三峰講関係文書により作成)」表あり。
安政4(1857)-平成17(2005)までの足立郡伊藤谷村の講員数と代参人数の統計。

『修験道の美術・芸能・文学1 山岳宗教史研究叢書 14』(五来重編 名著出版 1980)
p380-403「三峯信仰とその展開」(横山晴夫著)
p388「表1 御眷属拝借者数」
参拝者数ではないが、御眷属拝借者数あり。
文化14、文政5、文政8、天保5、天保11、弘化3、嘉永4、安政5、文久2、慶応3、明治元、明治15、明治25、明治35、大正元、大正10、昭和15、昭和20、昭和30年の御眷属数。

ウェブサイト《三峯山博物館》によると「講社登拝記録をはじめ山内の様子を書き綴った「日鑑」」を展示しているとあるため、紹介した。
http://www.mitsuminejinja.or.jp/hakubutsukan/index.htm  三峯山博物館 2012/09/07最終確認)
回答プロセス
(Answering process)
その他調査済み資料。該当の記述がなかったもの
『新編埼玉県史 統計』(埼玉県 1981)
雑誌『みつミ祢山』(三峯神社社務所)
『三峰神社誌  講社篇  三峰講調査報告』(三峰神社社務所 1981)
『新・三峯山誌 第1集』(新井啓著  秩父宮記念三峰山博物館 1988)
『新・三峯山誌 第2集』(新井啓著 零々舎 1991)
『埼玉県神職会報』第48,52-54,57-59,61-69号(埼玉県神職会 1923.1-1929.10)合本 
『埼玉県神職会報』第70-83,85-87号(埼玉県神職会 1930.1-1934.6)合本
『埼玉県神職会報』第88-90,92-102号(埼玉県神職会 1935.1-1940.7)合本
『埼玉県の神社』(埼玉県神職会 1930)
『入込観光客「推計」調査の概要 平成19年(暦年)』(埼玉県産業労働部観光振興室)
「寺社参拝及び文化財・天然記念物見学」全体数はあるが、個別の寺社の統計はなし。また、平成8年からの所蔵で該当の年度の統計はなし。 
『三峯神社日鑑』(三峯神社社務所 2000-2007)
安永8年-明治10年しか刊行されていないため、大正-戦後はなし。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
神社.神職  (175 9版)
民間信仰.迷信[俗信]  (387 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本地誌 6 群馬県・埼玉県』(二宮書店 1981)
『講集団成立過程の研究』(桜井徳太郎著 吉川弘文館 1977)
『桜井徳太郎著作集 1 講集団の研究』(桜井徳太郎著 吉川弘文館 1988)
『三峰山』(三峰神社社務所 1965)
『文教大学教育学部紀要第39集』(文教大学 2005)
『修験道の美術・芸能・文学1 山岳宗教史研究叢書 14』(五来重編 名著出版 1980)
キーワード
(Keywords)
三峯神社
三峰山
秩父-山岳信仰
講集団
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000127432解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!