このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000127415
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2012-241
事例作成日
(Creation date)
2012年12月13日登録日時
(Registration date)
2013年01月25日 15時23分更新日時
(Last update)
2013年03月21日 16時37分
質問
(Question)
一般的な税金の使われ方に関する本を見たい。入門的なものがよい。
回答
(Answer)
税金の使われ方について記述のあった、以下の資料を紹介した。

『地方財政小辞典』(横田光雄〔ほか〕編集 ぎょうせい 1990)
 p532-541〈予算〉〈予算の編成〉の項あり。

『図解よくわかる自治体予算のしくみ』(定野司著 学陽書房 2010)
 全体的に図説されている。次の項目あり。
 p120-121「歳入の内訳」
 p148-149「歳出の内訳(目的別)」
 p154-155「歳出の内訳(性質別)」

『図解わかる!税金のしくみ』(東京税理士会世田谷支部著 ダイヤモンド社 2003)
 p24-25「国の予算は、税金を主要な財源とする「歳入」と、予算の支出である「歳出」からなっています。この「歳出」が、税金の使い途です。したがって、税金の使い途は、「国家予算」として決められるわけです。」との記述あり。具体的な使い方についてはなし。

『私でも面白いほどわかる税金 大増税時代自分のお金は自分で守る! 別冊宝島 738号』(宝島社 2003)
 p92-93「国の収入の約6割が税金」の項あり。
 p94-95に、国の歳出について解説あり。

『あなたが払った税金の使われ方 政府はなぜ無駄遣いをするのか』(井堀利宏著 東洋経済新報社 2001)
 p155-182「あなたが払った税金の使われ方」の章あり。
  p156-158は、国の支出概要について記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
租税  (345 9版)
参考資料
(Reference materials)
『地方財政小辞典』(横田光雄〔ほか〕編集 ぎょうせい 1990)
『図解よくわかる自治体予算のしくみ』(定野司著 学陽書房 2010)
『図解わかる!税金のしくみ』(東京税理士会世田谷支部著 ダイヤモンド社 2003)
『私でも面白いほどわかる税金 大増税時代自分のお金は自分で守る! 別冊宝島 738号』(宝島社 2003)
『あなたが払った税金の使われ方 政府はなぜ無駄遣いをするのか』(井堀利宏著 東洋経済新報社 2001)
キーワード
(Keywords)
租税
税制制度
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000127415解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決