このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000127062
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000010402
事例作成日
(Creation date)
2013/01/09登録日時
(Registration date)
2013年01月23日 02時00分更新日時
(Last update)
2013年04月29日 22時37分
質問
(Question)
丸い虹の環天頂アークの写真をみたい。
回答
(Answer)
『虹物語』に収録されている写真や新聞記事データベースに収録されている写真をご覧いただいた。
回答プロセス
(Answering process)
虹ということだったので気象学の棚から『虹物語』(青セイ社)をみると、虹色の光象というくくりで項目が設けられており、5例掲載されていた。
お問合せでは観測された日付を示されたので、ヨミダス文書館と聞蔵Ⅱで検索したところ、そのものの記事はヒットしなかったものの、ほかの例が複数あった。前掲書で環天頂アークを逆さ虹と呼ぶケースもあるとのことだったので、検索キーワードは「環天頂アーク」「逆さ虹」を用いた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
気象学  (451 9版)
参考資料
(Reference materials)
『虹物語』高橋 真澄/写真 青菁社 (p108-113)
『空の色と光の図鑑』斎藤 文一/文 草思社 (p117-120)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
杉山久仁彦『虹物語』p108
「虹は雨滴の中で屈折した太陽光線が成因ですが、天頂アークは鉛筆型の氷晶が原因ですので、虹とは区別されます。」

斎藤文一『空の色と光の図鑑』p118
「じつはこれは虹ではなく環天頂アークというものである。空気中の氷の結晶によって光が屈折してできるもので、こういう変な形の『虹』(7色が鮮やかなためにそういわれるが、水滴による屈折ではないから虹とはいえない)は氷の結晶による屈折と思ってよい。」
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000127062解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決