このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000126993
提供館
(Library)
名古屋市鶴舞中央図書館 (2210001)管理番号
(Control number)
名古屋市瑞-2012-005
事例作成日
(Creation date)
2012年11月08日登録日時
(Registration date)
2013年01月20日 17時13分更新日時
(Last update)
2013年03月16日 09時37分
質問
(Question)
名古屋市営地下鉄・御器所駅の壁画の作者である藪野健の作品を見たい。また、(藪野健に限らず)名古屋市営地下鉄の駅の壁画にはどんなものがあるか?
回答
(Answer)
藪野健の作品の代表作は、鶴舞中央図書館所蔵『絵画の着想 描くとはなにか』に掲載されております。また、藪野健の著作のうち『東京2時間ウォーキング 下町編  歩く、感じる、描く。』は当館で所蔵しており、この本で彼の書いたイラストをご覧になることもできます。

一方、地下鉄の駅の壁画については、『ナゴヤの地下鉄 メモリアル30』p.43、『名古屋の地下鉄メモリアル50 市営地下鉄開業50周年記念』p.126-127で写真をご覧になることができます。
回答プロセス
(Answering process)
(1)インターネットで検索したところ、鶴舞中央図書館所蔵『絵画の着想 描くとはなにか』に代表作が掲載されていることが分かったので、これを予約しました。また自館にも藪野健の著作『東京2時間ウォーキング 下町編  歩く、感じる、描く。』の所蔵が確認できたので見たところ、イラストが掲載されていたので、併せてご案内しました。

(2)一方、地下鉄の駅の壁画については、『ナゴヤの地下鉄 メモリアル30』p.43、『名古屋の地下鉄メモリアル50 市営地下鉄開業50周年記念』p.126-127に写真があったので、これらを紹介しました。藪野健の壁画作品は『絵画の着想 描くとはなにか』巻末の作品リストにより「都市の楽しさ」であることが分かり、『名古屋の地下鉄メモリアル50 市営地下鉄開業50周年記念』に写真が載っているのが確認できました。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
交通史.事情  (682 9版)
洋画  (723 9版)
参考資料
(Reference materials)
『絵画の着想 描くとはなにか』 藪野健/著  中央公論新社  2003年, ISBN 4-12-003398-8
『東京2時間ウォーキング 下町編  歩く、感じる、描く。』 藪野健/著  中央公論新社  2001年, ISBN 4-12-003218-3
『ナゴヤの地下鉄 メモリアル30』 名古屋市交通局/編集 名古屋市交通局  1987年 p.43
『名古屋の地下鉄メモリアル50 市営地下鉄開業50周年記念』 名古屋市交通局(総務部広報広聴室)/編集 名古屋市交通局総務部広報広聴室 2008年 p.126-127
キーワード
(Keywords)
藪野健
薮野健
壁画
地下鉄
交通-名古屋市
美術・芸術-名古屋市
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000126993解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!