このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000126838
提供館
(Library)
千葉市中央図書館 (2210009)管理番号
(Control number)
千葉市中央042
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2013年01月16日 15時24分更新日時
(Last update)
2013年02月27日 14時48分
質問
(Question)
潮干狩はどのようにして始まったのですか。
回答
(Answer)
 潮干狩は、干潮時に干潟をあさって貝などを採取する遊びであり、陰暦3月3日ごろの大潮が好適とされる。もともとは食料確保の手段として行われていたもので、それは縄文時代にまでさかのぼって確かめることができる。「大日本百科事典8」(小学館)に、「潮干狩の語の現れた早い文献」を取り上げている。
 そして、室町時代から行楽としての潮干狩が始まり、これを「磯遊び」とか「磯まつり」といった。海に近い村々では、三月から四月にかけて、磯に出て飲食し、一日を楽しく遊びくらす習わしが古くから全国的にあった。磯遊びの形態や名称、言われなどは各地方で様々にある。(詳しくは参考資料4を参照)
回答プロセス
(Answering process)
「潮干狩」について、以下の文献を調べた。
 ・「日本民俗大辞典 上 あ〜そ」 福田 アジオ/[ほか]編 吉川弘文館 1999.10 (p.745)
 ・「日本風俗史事典」 日本風俗史学会/編集 弘文堂 1994.2(p.267)
 ・「大日本百科事典8」(小学館)1978 (p.389-390) 「潮干狩」の語の現れた早い文献を取り上げ、語の詳細を述べている。

「磯遊び」や「磯まつり」について以下の文献を調べた。
・「年中行事図説」 民俗学研究所/編 岩崎美術社 1980 (p.126-127)
・「童遊文化史 第1巻」 半沢 敏郎/著 東京書籍 1980.6 (p.509-518) <貝取り>に、しおひがりの名称が出てきており、名称考、遊びの場、遊具、遊びの概要、史的考察などが記されている。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
風俗習慣.民俗学.民族学  (380 9版)
風俗史.民俗誌.民族誌  (382 9版)
参考資料
(Reference materials)
「日本民俗大辞典 上 あ〜そ」 福田 アジオ/[ほか]編 吉川弘文館 1999.10 (p.745)
「日本風俗史事典」 日本風俗史学会/編集 弘文堂 1994.2(p.267)
「大日本百科事典8」(小学館)1978 (p.389-390)
「年中行事図説」 民俗学研究所/編 岩崎美術社 1980 (p.126-127)
「童遊文化史 第1巻」 半沢 敏郎/著 東京書籍 1980.6 (p.509-518)
キーワード
(Keywords)
潮干狩
磯遊び
磯まつり
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000126838解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!