このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000126743
提供館
(Library)
千葉市中央図書館 (2210009)管理番号
(Control number)
千葉市中央041
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2013年01月12日 17時14分更新日時
(Last update)
2015年12月13日 15時19分
質問
(Question)
奈良の大仏さまの頭のぶつぶつはいくつついているの
回答
(Answer)
※2015年12月13日追記
 東大寺公式ホームページには、レーザー光を使った最新の研究の成果が解説されている。現在の大仏さまの顔や頭の部分は江戸時代に新しく造り直されたもので、螺髪(らほつ)は奈良時代に造られた際と現在とでは数が異なるとある。現在の大仏さまにははずれてしまっているものも含めると492個取り付けられていたと推定され、内訳は、今も頭についているものが483個、落下する等してはずれてしまったと思われるものが9個あると紹介されている。大きさは直径約22cm、高さ約21cm、重さ約1200gとある。
 また、「朝日新聞2015年12月3日1面」には「奈良の大仏 髪は定説の半分」として螺髪の研究関連の記事が見られる。
 
※2013年1月12日時点
 奈良大仏の頭部の渦巻き状の髪は螺髪(らほつ)という。本体と別に、頭上には約一年半かけて鋳造された966個の螺髪が取り付けられた。(「朝日百科日本の国宝 5 近畿」朝日新聞社)
大きさは、高さ一尺二寸(約36cm)、直径六寸(約18cm)。(「奈良の大仏」香取 忠彦/著 草思社 及び、「奈良の大仏をつくる」石野 亨/文 小峰書店)
回答プロセス
(Answering process)
件名「仏像」で奈良の大仏に関する資料にあたった。また、国宝の資料、奈良県に関する資料にあたった。

2015.12.13 東大寺公式ホームページを参考に、最新の研究結果を追記した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
「奈良の大仏をつくる 図説日本の文化をさぐる 3」 石野 亨/文 小峰書店 1983.4 (p.63-64)
「奈良の大仏 世界最大の鋳造仏 日本人はどのように建造物をつくってきたか 2」 香取 忠彦/著 草思社 1981.4 (p.65)
「朝日百科日本の国宝 5 近畿」 朝日新聞社 1999.11 (p.10-11)
「奈良がわかる絵事典」 PHP研究所/編 PHP研究所 (p.14)
東大寺大仏の研究 図版篇 前田 泰次/[ほか]著 岩波書店
東大寺大仏の研究 解説篇 前田 泰次/[ほか]著 岩波書店
東大寺ホームページ  http://www.todaiji.or.jp/
キーワード
(Keywords)
仏像
奈良大仏
東大寺
国宝
螺髪
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
小中学生
登録番号
(Registration number)
1000126743解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!