このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000126709
提供館
(Library)
神戸市立中央図書館 (2210004)管理番号
(Control number)
神戸図-452
事例作成日
(Creation date)
2013年01月12日登録日時
(Registration date)
2013年01月12日 14時13分更新日時
(Last update)
2013年06月09日 12時31分
質問
(Question)
神戸市垂水区の転法輪寺で行われている追儺式はいつから始まったか
回答
(Answer)
明記しているものは見当たらず。

・転法輪寺についての説明のみ記載されているもの。
『兵庫県大百科』「転法輪寺」項目
『全国寺院名鑑』『大日本寺院総覧』の「転法輪寺」項目
『垂水誌』p28-31
『歴史と神戸』99号(19巻2号)p26-27「転法輪寺ゆかりのこと」
『播磨鑑』「明石郡 東浦之部」の「太平興国龍華山転法輪寺」項目
『西攝大観』郡部 「明石郡之部」の「第四 仏堂」項目

・転法輪寺の追儺式についての説明があるもの
『兵庫県民俗資料』第9編 (戦前の県下の追儺式を特集した号)
『兵庫県民俗芸能誌』p654-8(前掲書を引用したと思われる。他に長田神社の追儺式など)
『神戸の民俗芸能 垂水編』p55-62(前掲2書から引いたものと思われる)
『神戸市文化財調査報告書』平成9年 p69

・追儺式あるいは鬼やらい、修正会についての一般的な説明
『年中行事大辞典』p462「追儺」
『日本民族宗教辞典』p81-2「鬼」、p263-4「修正会・修二会」、p317-8「節分会」
『平安朝の年中行事』p262-273
『儀礼から芸能へ』p200-214(法隆寺や薬師寺での事例)
*追儺の儀式そのものは平安時代に中国からわたり、宮中行事として定着したもよう。

#参考:長田神社の追儺式について記載があるもの
『長田神社古式追儺式』
『長田神社史』p328-336
『ふるさと兵庫暮らしの四季彩』p20
『兵庫県史』第4巻p388-9
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『兵庫県大百科』「転法輪寺」項目
『全国寺院名鑑』全日本仏教会名鑑刊行会 1970 (185=25)
『大日本寺院総覧』 名著刊行会 1966 (185=19)
『垂水誌』 垂水区広報相談課 1973 (0012=288)
『歴史と神戸』99号(19巻2号) 神戸史学会 (T00=23)
『播磨鑑』 歴史図書社 1975 (003=71)
『西攝大観』郡部 中外書房 1965 (002=3)
『兵庫県民俗資料』第9編 国書刊行会 1982
(兵庫県民俗研究会 1932-1935発行の合本復刻) (0003=30)
『兵庫県民俗芸能誌』錦正社 1977 (0003=292)
『神戸の民俗芸能 垂水編』 神戸市教育委員会 1979 (神戸市文化財調査報告書 24) (0017=14=24)
『神戸市文化財調査報告書』平成9年度 神戸市教育委員会 1999
『年中行事大辞典』 吉川弘文館 1999 (386=N9)
『日本民俗宗教辞典』 東京堂出版 1998 (387=M8)
『平安朝の年中行事』 塙書房 1972 (384=94)
『儀礼から芸能へ』角川学芸出版 2011 (386=P1)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000126709解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!