このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000126698
提供館
(Library)
高知県立図書館 (2110040)管理番号
(Control number)
I2012-76
事例作成日
(Creation date)
2012年12月04日登録日時
(Registration date)
2013年01月11日 16時22分更新日時
(Last update)
2013年01月13日 15時11分
質問
(Question)
ある絵の大きさを知りたい。
フランスの美術館にある、ポンパドゥール夫人のパステル画。ポンパドゥール夫人を数多く描いた画家の代表作であったと思うが、絵と説明文があればその絵であったかどうか思い出せるはずである。
回答
(Answer)
利用者が最初におっしゃった説明に該当する絵は、『ルーヴル美術館 収蔵絵画のすべて』p.575にカラーで掲載されている、モーリス・カンタン・ド・ラ・トゥールの《ポンパドゥール侯爵夫人の肖像》であった。
原題は「Portrait of the Marquise de Pompadour」で、1755年頃の作品。絵の大きさは、175×128cm。青い色の紙にパステルで描かれている。「シュリー、3階、展示室45、INV.27614」とあり。夫人についての説明と、絵の特徴についての説明がある。

ただし、絵と説明文を見た利用者より、「見たいのは、この絵ではなかった」と申告あり。
本当に見たかったのは、
『世界美術大全集18 ロココ』の図43としてカラー掲載されている、フランソワ・ブーシェの《ポンパドール夫人》であった。
原題は「Madame de Pompadour」で、「1756年、カンヴァス、油彩、201×157cm、ミュンヘン、アルテ・ピナコテーク」とある。
回答プロセス
(Answering process)
Googleキーワード検索「ポンパドゥール」×「パステル画」
⇒Wikipedia「モーリス・カンタン・ド・ラ・トゥール(Maurice Quentin de La Tour, 1704年 - 1788年)」のページなどがヒットする。フランスのロココ期の、パステルを使った肖像画家として有名とあり、ルーヴル美術館蔵の『ポンパドゥール侯爵夫人の肖像』は代表作のひとつとある。

『ルーヴル美術館 収蔵絵画のすべて』を確認
⇒作家別索引で、「ラ・トゥール」を引く→「ラ・トゥール、ジョルジュ・ド」と「ラ・トゥール、モーリス・カンタン・ド(ドラトゥール)」があり、後者で引くとp.575に《ポンパドゥール侯爵夫人の肖像》と説明あり。
なお作品別索引で「ポ」を見ると、《ポンパドゥール侯爵夫人》と《ポンパドゥール侯爵夫人の肖像》がある。前者はp.572に小さく掲載されており、説明文はなく作品情報のみ付記。フランソワ・ブーシェが1750年頃に書いた油彩画。

自館OPACキーワード検索「ポンパドゥール」
⇒ヒットしたポンパドゥール夫人についての本数冊を参考のため出納しておく

利用者が来館、モーリス・カンタン・ド・ラ・トゥールの《ポンパドゥール侯爵夫人の肖像》と説明文を見て頂く
⇒確かに自分が説明した内容はこの絵についてであったが、見たいのはこの絵ではなかったとのこと。
参考のため出納してあったポンパドゥール夫人についての図書のうち、『ポンパドゥール候爵夫人 ロココの女王』の裏表紙を見て、「これだ、ここには顔から胸あたりの一部分だけしかないが、見たいのはこれの全体だ」とおっしゃった。「装丁・口絵レイアウト 五味川隆士」の一文はあるが、出典が見つからない。本の巻頭に、ブーシェ、ワトー、ラ・トゥールが描いた夫人の絵が複数カラーで掲載されているが、その中には裏表紙の絵はない。
Wikipedia「ポンパドゥール夫人」のページを見てみる
⇒ポンパドゥール夫人(フランソワ・ブーシェ(1756))として、当該の絵が出ていた。

『西洋美術作品レファレンス事典 絵画篇19世紀中葉以前』で「フランソワ・ブーシェ」を引く
⇒「ブーシェ,フランソワ(Boucher, François)1703-1770」として項目あり。ポンパドール夫人と作品名に記載があるものとしては、「ポンパドゥール夫人」という同名の作品3点、「ポンパドゥール夫人の肖像」という作品1点について、掲載されている書誌の情報がある。
1点目の「ポンパドゥール夫人」が1756年とあるため、掲載の『世界美術大全集18』(小学館 1996 図43カラー)を確認してみる。たしかに『ポンパドゥール候爵夫人 ロココの女王』の裏表紙と同じ絵で、知りたかったサイズは201×157cmと判明した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
洋画  (723 9版)
参考資料
(Reference materials)
『ルーヴル美術館 収蔵絵画のすべて』(エリック・レッシング/写真 ヴァンサン・ポマレッド/監修・解説 アーニャ・グレーベ/絵画解説 藤村 奈緒美/[ほか訳] ディスカヴァー・トゥエンティワン 2011年)(723.3 自館ID1106721465)
『世界美術大全集18 ロココ』(小学館 1996年)(708/S 自館ID1101288585)
『ポンパドゥール候爵夫人 ロココの女王』(飯塚信雄/著 文化出版局 1980年)(289.3/P 自館ID1100250032)
『西洋美術作品レファレンス事典 絵画篇19世紀中葉以前』(日外アソシエーツ株式会社/編集 日外アソシエーツ 2005年)(R/703.1 自館ID1102488069)
キーワード
(Keywords)
ポンパドゥール夫人
ルーヴル美術館
ロココ期
肖像画
フランスの絵画
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000126698解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!