このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000126610
提供館
(Library)
京都府立高等学校図書館協議会司書部会 (1210025)管理番号
(Control number)
京高図司-2012-03
事例作成日
(Creation date)
2012年10月4日登録日時
(Registration date)
2013年01月10日 12時34分更新日時
(Last update)
2015年04月20日 11時16分
質問
(Question)
大山や蒜山はなぜ「やま」ではなく「せん」「ぜん」と読むのか?他にもこのような山はあるのか?
回答
(Answer)
「せん」は呉音読みであり、呉音は仏教用語に多いことから、仏教・山岳信仰と関連があると考えられる。
また「鋭くとがった形の山」という形状との関連も考えられる。
「せん」と読む山は氷ノ山(ひょうのせん)、沖ノ山(おきのせん)、弥山(みせん)など全国に70ほど存在しているが、そのほとんどが、鳥取県、岡山県、島根県である。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
戸外レクリエーション  (786 9版)
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本国語大辞典』日本国語大辞典刊行会編、小学館、1974
『地名語源辞典』山中襄太、校倉書房、1968
『世界山岳百科事典』山と渓谷社、1971
『日本山岳ルーツ大辞典』池田末則ほか監修、竹書房、1997
『日本山名事典』徳久球雄ほか編、三省堂、2011
『山の名前で読み解く日本史』谷有二、青春出版社、2002
『コンサイス日本地名事典第3版』三省堂編修所編、三省堂、1989
『日本地名大百科ランドジャポニカ』浮田典良ほか監修、小学館、1996
大山町観光協会大山観光局 不思議だいせん  http://www.daisen.gr.jp/kyokai/ (2013年1月10日確認)
鳥取大学 大山豆知識  http://www.tottori-u.ac.jp/dd.aspx?menuid=2113 (2013年1月10日確認)
岡山県・蒜山観光協会  http://www.hiruzen.info/ (2013年1月10日確認)
キーワード
(Keywords)
大山
蒜山
登山
山岳
地名
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
下記にも類似事例あり。
岡山県県立図書館(登録番号)1000086996
http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000086996
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000126610解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!