このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000117807
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000010001
事例作成日
(Creation date)
2012/11/20登録日時
(Registration date)
2012年12月29日 02時15分更新日時
(Last update)
2013年01月17日 11時10分
質問
(Question)
地震などに備えて、住んでいるマンションの防災マニュアルを作成したい。参考になる資料はあるか。
回答
(Answer)
『地震災害 サバイバル・マニュアル』『地域・マンションの防災スタンダードブック』などに、マンションにおける災害対策についての記載があり。これらをご紹介した。
回答プロセス
(Answering process)
369.3(災害)の書架を探す。

『地震災害 サバイバル・マニュアル』(小学館)には、地震が起こった際や地震のあと、地震が起こる前の対策と、応急手当の方法、台風の際の対策などがあり。
『地域・マンションの防災スタンダードブック』(大成出版社)には、防災・災害関連情報やライフライン・衛生管理について、マンションの建物のしくみと防災、マンションとして災害に備えて何をすべきかや、保険・復旧対応などの記載があり。

そのほか、『マグニチュード手帳 最新改訂版』(ワールドフォトプレス)には情報の入手方法や災害時に役立つ道具、災害時の行動の心得などがあり。『今すぐできる!ママが子どもを地震から守るための本』(メイツ出版)には災害の際の保護者の行動の心得や室内の安全対策、お役立ちデータなどがあり。『災害のあと始末 被災後3日目からの対処マニュアル』(エクスナレッジ)には、災害が起こってしまったあと、復旧のためにすべき手続きなどがあり。これらも見ていただいた。

なお、『災害時の情報伝達・避難支援のポイント』(ぎょうせい)は、自治体が避難マニュアルを作る際の参考となる事柄などが載っているが、住民が防災マニュアルを作る場合についての記載はなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
社会福祉  (369 9版)
参考資料
(Reference materials)
『地震災害』(小学館)
『地域・マンションの防災スタンダードブック』地域マネジメント学会/編著(大成出版社)
『マグニチュード手帳』(ワールドフォトプレス)
『今すぐできる!ママが子どもを地震から守るための本』ママが地震災害から子どもを守るプロジェクト/著(メイツ出版)
『災害のあと始末』林 春男/監修(エクスナレッジ)
キーワード
(Keywords)
地震
防災
災害対策
風水害
マンション
マニュアル
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000117807解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!