このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000117779
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000002962
事例作成日
(Creation date)
2011/01/12登録日時
(Registration date)
2012年12月29日 02時15分更新日時
(Last update)
2013年01月17日 11時10分
質問
(Question)
かつて現在の阪急蛍池駅付近を所領とした麻田藩の教育はどのようなものであったか。藩校があったかどうか、またあったとすればどのような教育を行っていたかわかる資料はあるか。
回答
(Answer)
『新修豊中市史 第10巻 学校教育』などに、麻田藩の藩校「直方堂」についての記載があり。
回答プロセス
(Answering process)
郷土資料の書架を探す。

『新修豊中市史 第10巻 学校教育』(豊中市)p200「第2章 子どもの活動と学校 第1節 近代学校制度の成立と地域」に幕末期の教育についての記載があり。8歳から15歳の士族の子弟は毎日午前中に麻田藩の藩校「直方堂(じきほうどう)」で漢学・書数・礼儀・武術を学ぶことが一般的であったとの記載があり。なお庶民の教育は寺子屋を中心としたが、幕末には直方堂への士族以外の入学が許されることもあったとのこと。
『上方の研究 第2巻』(清文堂出版)p487「豊中の史的逍遥」に、「直方堂」の項があり。麻田藩主青木一貞が寛政年中に創立。大阪府内にある6つの藩校の1つであり、経費は藩費をもって当てたとの記載があり。
『三田市史 下巻』(三田市)p343「麻田藩の藩校」には、直方堂の名はないが、上記の内容についての言及があり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『新修 豊中市史第十巻』豊中市史編さん委員会/編集(豊中市)
『上方の研究 第2巻』宮本 又次/編著(清文堂出版)
『三田市史 下巻』三田市史編纂委員会/編纂(三田市役所)
キーワード
(Keywords)
藩校
麻田藩(アサダハン)
直方堂(ジキホウドウ)
教育
歴史
江戸時代
豊中(トヨナカ)
蛍池(ホタルガイケ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000117779解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決