このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000117661
提供館
(Library)
宮城県図書館 (2110032)管理番号
(Control number)
MYG-REF-100339
事例作成日
(Creation date)
2010/09/24登録日時
(Registration date)
2012年12月29日 02時00分更新日時
(Last update)
2016年01月04日 16時53分
質問
(Question)
宮城県の方言で親が子どもを叱る際、「たからものが!」という言葉があるらしいのですが,どのような意味か。
回答
(Answer)
1「たからもの」について
下記資料に記載があります。なお,【】内は当館請求記号です。

資料1 浅野建二『仙台方言辞典』東京堂出版, 1985【K880/ア1】
p.210「タガラモノ」の項
宝者。無能の者。小ばか者。愚人、無能者を嘲る言葉。宮城のほか、青森県南、岩手九戸郡、山形、秋田鹿角郡などでも同じ方言が使われるとあります。
以下引用します。
「宝者。(略)宝物ハ多ク実用ニ適セザルカ、又ハ之ヲ珍蔵スルノミニテ使用スルコト無ク、所謂宝ノ持チ腐レ多ク、見方ニヨリテハ無用ノ長物ナレバ、其ノ意味ニテ、形式上ハ其ノ人ノ人格ヲ尊重シタル皮肉ナル罵言ナリ」

資料2. 栗和田 和夫『角田市を中心とする宮城県南地方の方言』, 1971【K880/ク1】
p.358「たがらもの」の項
「宝者。低脳者。厄介者。馬鹿者。主に「馬鹿者」という意味で、夫が妻を罵り、又は叱りつけ、大人が子どもに対して叱ったりとよく使われる言葉」とあります。

資料3.宮城県史編纂委員会編『宮城県史20 民俗2』宮城県史刊行会, 1987【K201/ミ1-2/20】
p.221「たからもの」の項
「宝物だが反対を意味し、無能・馬鹿・道楽者・怠け者等を言う」とあります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
方言.訛語  (818 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
方言
宮城
たからもの
宝者
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
*2015.12.18 神戸市外国語大学学術情報センター様より、下記のコメントをいただきました。

真田信治・友定賢治編『県別罵詈雑言辞典』, 2011【818/11X】
p.22に、「「たがらもの」(宝物)は「のーたりん」に意味が近いが、「邪魔で負担になる人」の意が入る。」との記載がございました。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000117661解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter










新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ