このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000116394
提供館
(Library)
京都府立高等学校図書館協議会司書部会 (1210025)管理番号
(Control number)
京高図司-2012-05
事例作成日
(Creation date)
2012年12月21日登録日時
(Registration date)
2012年12月21日 14時14分更新日時
(Last update)
2015年04月20日 11時16分
質問
(Question)
節分に食べる恵方巻きの起源を知りたい
回答
(Answer)
愛知県・大阪の花街・栃木県の磐裂根神社など発祥説が複数あり、はっきりとした起源は不明。
回答プロセス
(Answering process)
『ポプラディア情報館 年中行事』を調査。「もともとは愛知県又は大阪府の風習といわれ」という記述を発見。また『現代用語の基礎知識2007』にも「愛知県発祥説と大阪発祥説がある(花街の余興という説もあり)。」とあった。『12か月のきまりごと歳時記』には「大阪の寿司屋が客寄せとして考えたアイディアをきっかけに」とあり、大阪発祥説がやや強いと考えられる。
次にインターネットで調査。HP「AllAbout 暮らしの歳時記」に「大正初期に大阪の花街で、節分の時期にお新香を巻いた海苔巻きを恵方に向かって食べるという風習」とあり、さらに1932年に大阪鮓商組合が配布したチラシ(現存)に「この流行は古くから花柳界にもてはやされていました」との記述があることも判明。少なくとも1932年の大阪・花柳界ではこの風習があったことが分かる。しかし、栃木県の磐裂根神社には「福巻寿司発祥の地」の石碑があることも判明。神社のHPには江戸時代末期からの風習とある。
これ以上の情報は得られず、調査を終了した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
風俗習慣.民俗学.民族学  (38 9版)
神道  (17 9版)
参考資料
(Reference materials)
『ポプラディア情報館 年中行事』ポプラ社、2009
『現代用語の基礎知識2007』自由国民社、2007
『12か月のきまりごと歳時記』自由国民社、2008
節分1:恵方巻(丸かぶり寿司)の謎を解明(AllAbout 暮らしの歳時記)  http://allabout.co.jp/gm/gc/220582/ (2012年9月4日確認)
節分厄除祈祷祭 恵方ずし(磐裂根神社)  http://www.ecjpn.com/iwanesan/setubunyakuyokekitou.htm (2012年9月4日確認)
キーワード
(Keywords)
節分
恵方巻き
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
年中行事
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000116394解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!