このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000116134
提供館
(Library)
横浜市中央図書館 (2210008)管理番号
(Control number)
横浜市中央2169
事例作成日
(Creation date)
2012/08/16登録日時
(Registration date)
2012年12月21日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年12月21日 11時10分
質問
(Question)
神奈川県横浜市の「吉田新田」を作る際に使用した石などがどこから来たのか等、詳しく書か
れた資料を探しています。
回答
(Answer)
次の資料をご紹介します。記述が複数のページにまたがる場合は、最初のページ数のみを記載
しています。

1 『横浜の新田と埋立』 内田四方蔵/編 横浜市図書館 1972年
  p.5 石材は、「安房(千葉県)、伊豆(静岡県)から運んだ」との記述があります。

2 『横浜歴史と文化 開港150周年記念』 横浜市ふるさと歴史財団/編 
  高村直助/監修 有隣堂 2009年
  p.120

3 『吉田新田ができるまで』横浜市歴史博物館/編 横浜市歴史博物館 2006年
  p.9

4 『横浜の礎(いしずえ)・吉田新田いまむかし 特別展 吉田新田開発三五〇周年記念』
  横浜市歴史博物館/編 横浜市歴史博物館 2006年
  p.5 使用した土砂は、「太田村の天神山、石川中村の大丸山、横浜村の宋閑島から採取
  されました。」との記述があります。

5 『横浜の埋立展 吉田新田から現代まで』[横浜市図書館][1969年]
  p.10

6 『横浜旧吉田新田の研究』石野瑛/著 武相考古会 1936年
  ※複製版あり(名著出版 1973年)
   p.50
   
7 『旧吉田新田の今昔 吉田家伝来の古図を解説して 』石野瑛/述 横浜活版舎(印刷)
  1928年
   p.3

8 『横浜市史稿 地理編』横浜市役所/編纂 臨川書店 1985年(昭和7年刊の複製版)
   p.167

9 『吉田新田古図文書』吉田勘兵衛良循/編 吉田家 1928年
   p.2

10 『たからものいっぱい 100周年 わたしたちのまち』横浜市立南吉田小学校/〔編〕
  横浜市立南吉田小学校 [2004]年
   p.17

11 『横浜吉田新田図絵』吉田勘兵衛良循・吉田一太郎/著 吉田家 1935年
   図版8

このほかに、参考となる資料として、次の資料もご紹介します。

12 『近世における地域支配と文化 』北原進/編 大河書房 2003年 

13 『新輯横浜地名案内』石井光太郎/編 横浜歴史研究普及会 1989年

14 『吉田新田の開発 新田開発と横浜』横浜市歴史博物館 [1995]年

15 『近世横浜 海岸部の新田開発 横浜市歴史博物館 企画展』
  横浜市歴史博物館/編 横浜市ふるさと歴史財団/編 横浜市歴史博物館 2010年 

16 『吉田新田沼地埋立並堀割波止場等造関係文書』〔不明〕 1875年
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213 8版)
河海工学.河川工学  (517 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000116134解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!