このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000115270
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-3A-201212-02
事例作成日
(Creation date)
2010年06月07日登録日時
(Registration date)
2012年12月04日 10時01分更新日時
(Last update)
2014年09月04日 00時30分
質問
(Question)
小説家・織田作之助は天王寺区と関わりが深いそうだが、どんな関係があるのか。
回答
(Answer)
 織田作之助は1913 (大正2)年10月26日に南区(現、天王寺区)生玉前町で生まれ、『織田作之助』によれば1920 (大正9)年大阪市立東平野尋常高等小学校(現、生魂小学校)に入学しました。その後、第三高等学校に入学するまでを天王寺区内で過ごしています。
 著作については『織田作之助文芸事典』*2に詳しい解説がありますが、『木の都』『青春の逆説』『わが町』等々、天王寺区内の地名が舞台として登場する作品も数多く、『大阪の歴史 64号』には作品に登場する地名の一覧が掲載されています。
 口縄坂には、『木の都』の中の口縄坂が登場する文章を刻んだ文学碑が建てられていて、この文学碑の写真は『わがまち天王寺』などで見ることができます。『大阪春秋 107号』によると、『木の都』『清楚』などを元に織田作之助自身が脚本を手がけた映画「還って来た男」(1944年、川島雄三監督作品)も、天王寺区内でロケが行われたそうです。
 1947 (昭和22)年1月10日、織田作之助は35歳の若さで東京の地で亡くなりますが、その葬儀は、同級生が住職を勤める天王寺区の楞厳寺(りょうごんじ)で執り行われ、墓も同寺内に建立されています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本文学  (910 9版)
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
『織田作之助』大谷晃一著 沖積舎 1998 ISBN 4-8060-7019-X<当館書誌ID: 0000683816>
『織田作之助文芸事典』浦西和彦編 和泉書院 1992 ISBN 4-87088-558-1<当館書誌ID:0000271214>
『大阪の歴史 64号』大阪市史編纂所編 大阪市史料調査会 2004 <当館書誌ID:5110814685>
『わがまち天王寺』[大阪市]天王寺区役所 1996 <当館書誌ID:0000669595>
『大阪春秋 107号 おおさかと映画』大阪春秋社 2002 <当館書誌ID:0010322876>
キーワード
(Keywords)
大阪府大阪市天王寺区
織田作之助
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000115270解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決