このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000115233
提供館
(Library)
福井県立図書館 (2110037)管理番号
(Control number)
福井県図-20121006
事例作成日
(Creation date)
2012年10月06日登録日時
(Registration date)
2012年12月04日 13時43分更新日時
(Last update)
2012年12月04日 13時43分
質問
(Question)
狂言の演目「附子(ぶす)」の台詞が出ている台本が見たい。現代語訳があれば、なおよい。
773.9 狂言 のところはざっと見た。「附子」を含め、各作品のあらすじや解説は書かれているが、シナリオ風に台詞がすべて出ているものは見当たらなかった。
回答
(Answer)
『日本古典全書』の「狂言集」(朝日新聞社)ほかにの「附子」の台詞が記載されている。また『日本の古典』16 (河出書房新社)ほかに、現代語訳がある。
回答プロセス
(Answering process)
【一般資料】
1. 自館OPACで、「附子」で検索。
2. 自館OPACで、「狂言」+ NDC 910.8,912,918で検索。
  → 「附子」の台詞が記載されているものとして、以下のような資料を確認した。
  【原文のみ】
・『狂言全集』全 国民文庫刊行会1914 (p642~644) ほか
【原文+注釈】
・『狂言集』上 (日本古典全書) 朝日新聞社1953 (p244~252)
・『日本古典文学大系』42 (狂言集 上) 岩波書店1960 (p315~323) ほか
【現代語訳のみ】
・『日本の古典』16 (能・狂言集) 河出書房新社1972 (p246~250 飯沢匡・訳)
*このほか関連資料として、以下のような資料がある。
・『附子』(光村ライブラリー) 光村図書出版2002 (p59~77 和泉元秀・編) :原作を子ども向けに編集
・『新編小学校学校劇全集』中級2日本演劇教育連盟・編 国土社 1983 (p148~167 国分一太郎・作)
:原作を基にした子ども向け創作演劇「どくがめ」の脚本
・『三島由紀夫全集』24 (戯曲5) 新潮社1974 (p179~188 ) :原作を基にした創作戯曲

*また、レファレンス協同データベースで、「狂言」+「台本」で検索すると、愛知県図書館
 (愛知県図-00242)や近畿大学中央図書館(20040804-1, 20090126-4)等の事例として、
 上述以外にも、狂言の台本が所収されている資料が紹介されている。
 なお、狂言の各演目の活字版を調べるツールとして、以下の文献が使われていた。
・『狂言辞典』語彙編/資料編 東京堂出版 の「曲目所在一覧」(正・続)
・『日本古典文学大辞典』岩波書店
・『国書総目録』岩波書店
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
演劇史.各国の演劇  (772 8版)
戯曲  (912 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
狂言
附子
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000115233解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!