このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000115189
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20121203-6
事例作成日
(Creation date)
2012年12月03日登録日時
(Registration date)
2012年12月03日 14時35分更新日時
(Last update)
2012年12月18日 11時19分
質問
(Question)
「若者の海外旅行離れ」について書かれた基礎文献や統計資料を探している。
回答
(Answer)
山口誠著.ニッポンの海外旅行:若者と観光メディアの50年史.筑摩書房,2010,254p,(ちくま新書 (854)).
の書籍のほかCiNiiを使って雑誌論文を見つけることができる。統計としては観光庁の統計資料や日本旅行業協会やJTBによる民間統計がある。
回答プロセス
(Answering process)
◆ CiNiiで「海外旅行」と「若者」ないし「若年」で検索。以下のような文献が見つけられる。
 ( http://ci.nii.ac.jp/search?q=%E6%B5%B7%E5%A4%96%E6%97%85%E8%A1%8C%E3%80%80%E8%8B%A5&range=0&count=20&sortorder=1&type=0  参照2012-12-30)

 ・永家一孝,若林宏.どうすれば戻る若者の海外旅行需要.日経消費マイニング (38), 24-29, 2008.
 ・永井知美.経済・産業 業界展望 旅行業界の現状と課題--足元の需要は低調、燃油サーチャージ高騰、若年層の海外旅行離れで苦戦.経営センサー (106), 15-22, 2008.
 ・中村哲, 西村幸子, 高井典子.大学生の海外旅行履歴の分析--若者の海外旅行離れ「論」への試み.日本観光研究学会全国大会学術論文集 24, 129-132, 2009.
 ・西村幸子, 高井典子, 中村哲.「若者の海外旅行離れ」現象への理論的アプローチの可能性研究.同志社商学 62(3・4), 229-246, 2010.

◆ また資料4の第Ⅱ部 文献目録03:『観光客(動機、観光客流動、観光客の世代、観光の形態など)』には、以下の文献が見つけられる。

 ・吉田春生.日本人海外旅行形態論.日本国際観光学会論文集.(8),p.50-59.2001.
 ・西村幸子.旅行者の購買意志決定における「消費者関与」概念の適用可能性.日本観光研究学会全国大会学術論文集.(23),p.401-404,2008.
 ・野瀬元子,古屋秀樹.個人属性を考慮した国内・国外旅行発生量の特性分析:日本人の国内・国外の宿泊旅行データを事例として.日本観光研究学会全国大会学術論文集.(23),p.129-132,2008.
 ・廣岡裕一,宮城博文.2000年以降における日本人海外旅行者数の伸長鈍化の考察.日本観光研究学会全国大会学術論文集.(23),p.321-324,2008.

◆ また統計資料としては、資料2や3の年鑑類を参照することができるほか、資料5のJATA日本旅行業協会で概要を掴むことができる。
 ・ 資料5のサイトの統計資料:海外旅行者の性別・年齢階層別構成比率
 ( http://www.jata-net.or.jp/data/stats/2011/07.html  参照2012-12-03)

◆ また官庁統計として資料6の観光庁サイトからは法務省出入国管理局作成:出入国管理統計にたどり着けるほか、施策>観光産業>「若者旅行の振興」が参照できる。
 ・e-stat:法務省:出入国管理統計:「年齢別・男女別 出国日本人(1964~2005)」
  ( http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001035550  参照2012-12-03)
 ・若者旅行の振興
  ( http://www.mlit.go.jp/kankocho/page05_000047.html  参照2012-12-03)
 ・若者旅行振興の必要性(統計)
  (PDF: http://www.mlit.go.jp/common/000161444.pdf  参照2012-12-03)
 ・平成22年度 玉川大学「玉川大学経営学部における海外旅行意識調査」
  (PDF: http://www.mlit.go.jp/common/000161448.pdf  参照2012-12-03)

◆ また資料7の国土交通省観光庁:観光白書には、毎年国民の海外旅行の動向についての分析結果が示されている。
 「第II部 平成23年度の観光の状況及び施策>第1章 観光の現状>第1節 国民の観光の動向>2 国民の海外旅行の動向」
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
観光事業  (689 9版)
参考資料
(Reference materials)
1.山口誠.ニッポンの海外旅行:若者と観光メディアの50年史.筑摩書房,2010,254p,(ちくま新書 (854)). ISBN:9784480065599 (《本学所蔵 000-ちくま新書-854》)
2.21世紀新たなるツーリズムの創造へ : 数字が語る旅行業.日本旅行業協会,2001-2012(年刊).
3.日本交通公社編.JTB report : all about Japanese overseas travelers = 日本人海外旅行のすべて.日本交通公社,1991-2012(年刊).
4.江口信清,藤巻正己編著.観光研究レファレンスデータベース.ナカニシヤ出版.2011,299p. (《本学所蔵 689//E33//日本》)
5.社)日本旅行業協会JATA:公式サイト
 ( http://www.jata-net.or.jp/  参照2012-12-03)
6.国土交通省:観光庁の公式サイト
 ( http://www.mlit.go.jp/kankocho/index.html  参照2012-12-03)
7.国土交通省:観光白書サイト
 ( http://www.mlit.go.jp/statistics/file000008.html  参照2012-12-03)
8.国立国会図書館:リサーチナビ『観光・宿泊産業に関する主要統計資料』
 ( http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-102428.php  参照2012-12-03)
キーワード
(Keywords)
海外旅行
国際観光
観光産業
消費者動向
若年層
市場調査
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
市場調査
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000115189解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決