このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000115119
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2012-112
事例作成日
(Creation date)
2012年09月11日登録日時
(Registration date)
2012年11月29日 15時52分更新日時
(Last update)
2013年03月13日 11時23分
質問
(Question)
寒暖計はいつ頃日本に入ってきたのか知りたい。
日本で初めて製作したのは平賀源内のようだが、ケンペルが持ち込んだという話がある。
回答
(Answer)
ケンペルの「江戸参府旅行日記」によれば、元禄5(1692)年3月19日にケンぺルの同国人が30年前に持ってきた寒暖計を見たという記述から、「ケンペルが持ち込んだ」のではないと思われる。
事物起源事典等では明和2(1765)年にウイレムウインケがもたらしたと紹介されている。
回答プロセス
(Answering process)
『江戸参府旅行日記』(ケンペル著 平凡社 1977)
 p270 下段「第一四章 第2回の江戸参府旅行 元禄5年3月19日」の項に「・・・われわれは一個の寒暖計を見せられた。これはわれわれの同国人が三十年ばかり前に持ってきたもので、われわれは、周囲に立ち輪を作ってそれを見つめている人たちに、日と月をさす針と[温度の]目盛を説明しなければならなかった。」とあり。

『ケンプェル江戸参府紀行 下』(雄松書店 1966)
 P32 「第一 江戸参府紀行の続き 一 第二回江戸参府紀行3月19日」の項にも上記同様の記述あり。

『温度をはかる』(板倉政宣著 仮説社 2002)
 p120 平賀源内が、1768年に『日本創製寒熱昇降記』という説明書を書き、試作した温度計とともに仲間に配布した旨の記載あり。
 p4  口絵写真カラーページ「日本で最初の実用的温度計 蚕当計(さんとうけい)」

『舶来事物起原事典』(富田仁著 名著普及会 1987)
 p73 「寒暖計」の項に以下の記載あり。
 「日本に寒暖計が伝わったのは江戸中期のことで、オランダ人によるものである。10代将軍徳川家治の治世下、田沼意次は、・・・(中略)・・・オランダ船が来航するたびに珍しい品物を取り寄せ、その中には晴雨計とともに寒暖計も入っていたという。」

『事物起源辞典 衣食住編』(朝倉治彦[ほか]共編 東京堂出版 1976)
p95-96 「寒暖計」の項にF.ウイレムウインケ、平賀源内に関する記述あり。
 「江戸に寒暖計が初めてもたらされたのは明和2年(1765)のことで、・・・(中略)・・・この年江戸へ参向した甲比丹F.ウイレムウインケは、・・・(中略)・・・科学器具を携えて出府した。甲比丹の江戸滞在中、定宿長崎屋を訪れた平賀源内は、大通辞吉雄幸左衛門から、珍しいものがあるといって二つの器具を見せられた。一つはタルモメートルThermometerという寒暖験器、・・・(後略)」

『図説明治事物起源事典 』(湯本豪一著 柏書房 1996)
 p154-155 「寒暖計」の項に簡単な説明あり。
 「寒暖計が日本にもたらされたのは明和2(1765)年のことといわれる。この年、江戸参府中のオランダ商館長F.ウイレムウインケの宿舎、長崎屋を訪問した平賀源内は、大通辞吉雄幸左衛門から寒暖計を見せられ、帰宅後にその製作にとりかかり三年後に完成させている。」
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
精密機器.光学機器  (535 9版)
参考資料
(Reference materials)
『江戸参府旅行日記』(ケンペル著 平凡社 1977)
『温度をはかる』(板倉政宣著 仮説社 2002), ISBN 4-7735-0165-0
『舶来事物起原事典』(富田仁著 名著普及会 1987), ISBN 4-89551-312-2
『事物起源辞典 衣食住編』(朝倉治彦[ほか]共編 東京堂出版 1976)
『図説明治事物起源事典 』(湯本豪一著 柏書房 1996), ISBN 4-7601-1380-0
『ケンプェル江戸参府紀行 下 異国叢書 〔9〕』(雄松書店 1966)
キーワード
(Keywords)
寒暖計
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000115119解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!