このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000115066
提供館
(Library)
町田市立中央図書館 (2310058)管理番号
(Control number)
町田-074
事例作成日
(Creation date)
2012年11月11日登録日時
(Registration date)
2012年11月29日 14時29分更新日時
(Last update)
2016年08月20日 12時21分
質問
(Question)
幕末・明治ころの建築様式で、「江市屋格子」と「引き窓」がどんなものだったか知りたい。
回答
(Answer)
①「江市屋格子」・・・江市屋宗助が始めた連子のひとつ。断面三角形の細い竪子を隙間を狭く立て並べたもの。室内から外はよく見えるが、外からは室内がほとんど見えない。
②「引き窓」・・・引き綱を用いて開閉させる機構の窓の総称。屋根にあって引き戸の形式をとるもの、高い所にあって綱で釣った戸を上下させるものや、回転させるものなどがある。
回答プロセス
(Answering process)
建築関係の辞典類を見る。
『建築大辞典 第2版』彰国社・・・①p.147に解説文と図版あり。 ②p.1382に解説文あり。
『日本民家語彙解説辞典』日外アソシエーツ・・・①p.93に“江市格子”として解説文あり。 ②p.632に解説文あり。
『古建築辞典』理工学社・・・②p.214に解説文と簡単な図解あり。

“近世の建築”“江戸の建築”“格子”“窓”などをキーワードに検索。
『格子の表構え』学芸出版社・・・①p.5に写真あり。
『日本の窓』淡交社・・・②p.24に写真あり。
『窓のはなし』鹿島出版会・・・②p.112~115に解説文と写真あり。

その他、インターネット情報から資料をあたる。
『江戸っ子語絵解き辞典』遊子館・・・①p.50に解説文と図版あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本の建築  (521)
建築構造  (524)
参考資料
(Reference materials)
『建築大辞典 第2版』彰国社・1993年
『日本民家語彙解説辞典』日本建築学会民家語彙集録部会・日外アソシエーツ・1993年
『古建築辞典』武井豊治・理工学社・1994年
『格子の表構え』学芸出版社・1996年
『日本の窓』淡交社・1997年
『窓のはなし』物語ものの建築史 山田幸一監修・日向進著・鹿島出版会・1988年
『江戸っ子語絵解き辞典』笹間良彦・遊子館・2010年
キーワード
(Keywords)
江市屋格子
江市格子
引き窓
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000115066解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!