このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000114822
提供館
(Library)
三重県立図書館 (2110033)管理番号
(Control number)
30001232
事例作成日
(Creation date)
20120701登録日時
(Registration date)
2012年11月25日 02時01分更新日時
(Last update)
2012年12月27日 19時48分
質問
(Question)
山口誓子の句 「海鳩の群れて栴檀 実生(な)るころ」の「海鳩」とはアオバトではないか?と調べています。
この句が山口誓子の第五句集『激浪』に載っていること、誓子が昭和16年伊勢の四日市の富田海岸に移り住んだときに詠まれたものということは分かったのですが、当時のこの地の自然環境がどのような状態であったかを当時の地図から調べたい。またこのほかにも誓子が海鳩を詠んだ句があれば、すべてを読んで海鳩という鳩の生態を推察したい。句解などがあればそれを読んでみたい。
回答
(Answer)
昭和16年に近い年代の地図は、四日市東部の明治23年測量・昭和12年修正の2万5千分の1地形図(国土地理発行)がありました。地形図以外に、昭和16年頃の地図はありませんでした。加えて、四日市市の鳥類の分布状況を調べましたが、海鳩やアオバトに関する記述は見つかりませんでした。『激浪』や『激浪』を収めた全集の解説に、ご連絡いただいた句の句解は載っていませんでした。また、『激浪』の他の句の中に、「海鳩」という言葉が出てくる句はありませんでした。『山口誓子全集 第10巻』に、1巻から4巻までの句集の初句索引がありますが、他に「海鳩」で始まる句はありませんでした。また、海鳩が方言である可能性を考えて方言辞典を確認しましたが、記載はありませんでした。『日本の鳥550 水辺の鳥 増補改訂版』p.331によると、ウミバトが北海道で見られる時期は12月から3月となっており、ご連絡いただいた句を山口誓子が詠んだ時に、三重県でウミバトを見た可能性は小さそうですが、その鳥が「アオバト」であると特定することもできませんでした。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
山口誓子全集 第10巻 山口 誓子/著 明治書院 1977
日本の鳥550 水辺の鳥 桐原 政志/解説 文一総合出版 2009.5
季題別山口誓子全句集 山口 誓子/著 本阿弥書店 1998.12
日本語方言辞書 上巻 昭和・平成の生活語 藤原 与一/著 東京堂出版 1996.7
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000114822解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!