このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000114751
提供館
(Library)
三重県立図書館 (2110033)管理番号
(Control number)
30001168
事例作成日
(Creation date)
20110728登録日時
(Registration date)
2012年11月25日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年12月27日 20時10分
質問
(Question)
元和年間(1615年~1624年)に伊勢神宮祭主に就任していた人物を知りたい。
公卿補任では、この期間に三位以上になった藤波(氏は大中臣)家の当主が記載されておらずわかりません。
回答
(Answer)
『神宮要綱』(神宮司庁 1938年発行)の「神宮職官年表」で元和年間に該当する伊勢神宮祭主は下記のとおり記載がありました。(p634~636)
祭主 大中臣種忠(慶長四・二・二七)
『二宮称宜年表(大神宮叢書)』(神宮司庁編 臨川書店 1970年発行)でも祭主の欄は慶長四年の「種忠」の次は、寛永元年の「友忠」でした。(p98~101)よって、元和年間の祭主は「大中臣種忠」であったと思われます。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
藤波家当主は、歴代、神祇大副あるいは神祇権大副を極官にして本官とし、伊勢神宮祭主を兼帯している家柄です。こういった慣例から、藤波家の当主の誰かが伊勢神宮祭主となっていると思われます。
NDC 
参考資料
(Reference materials)
神宮要綱 神宮司庁/編纂 神宮司庁 1928
二宮祢宜年表 神宮司庁/編 臨川書店 1976
キーワード
(Keywords)
元和年間における伊勢神宮祭主
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000114751解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!