このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000114722
提供館
(Library)
横浜市中央図書館 (2210008)管理番号
(Control number)
横浜市中央2165
事例作成日
(Creation date)
2012/07/27登録日時
(Registration date)
2012年11月24日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年12月21日 11時17分
質問
(Question)
災害と関連する人権侵害について調べています。
こうした人権侵害の事例、それに対する国、自治体、民間団体の取組について分かる資料はありますか。
東日本大震災の福島原発関連の事例もあれば、それも教えてください。
回答
(Answer)
横浜市立図書館蔵書検索で、「災害」「差別」「人権侵害」等の検索を行いました。
また、「災害、災害救助(NDC分類369.3)」「神経科学、精神医学(同493.7)」「原子力発電
(同543.5)」の本棚を確認しました。
その結果の中から、次の資料をご紹介します。

なお、「東日本大震災」「阪神・淡路大震災」や各地の公害、自然災害等、個別の災害に
ついての資料は多くあるため、下記資料の他にも人権侵害についても掲載されている可能性が
あります。

1 災害による人権侵害の事例
  福島原発関連の事例も含め、次のような資料が見つかりました。
 (1)『人権年鑑 2012(2010.4-2011.3) 』
   部落解放・人権研究所/編 部落解放・人権研究所  2012年
   p.6~「Part 特集 2人権の視点から考える東日本大震災-放射能汚染による健康影響」
 (2)『部落問題・人権事典』部落解放・人権研究所/編 部落解放・人権研究所 2001年
   「災害」の項目があります。
 (3)『「居住の権利」とくらし』家正治/〔ほか〕編  藤原書店 2012年
   東日本大震災、福島第一原発事故、阪神・淡路大震災等の災害における居住権の
   問題について記載があります。
 (4)『災害の襲うとき カタストロフィの精神医学』ビヴァリー・ラファエル/著 , 石丸正/訳
   みすず書房 1989年
   「差別」「人権侵害」「侵害」のキーワードは索引、目次には確認できませんが、災害後の
   衝撃、喪失感、心傷に関する記載があります。
 (5)『日本社会の差別構造』栗原彬/編 弘文堂 1996年
   p.100~「公害、労災の中の差別の構造」
   社会的災害の一つとして公害もありますが、公害に絞ると人権侵害、差別に関する
   資料は他にもあります。今回は一例として記載のあった当該資料をご紹介します。
 (6)『震災トラウマと復興ストレス 岩波ブックレット no.815』
   宮地尚子/著 岩波書店 2011年
   差別、人的侵害ではありませんが、被災者の受ける心の傷について、また被災者(当事
   者)と支援者(非当事者)の心理的な違い等について記述があります。
 (7)『防災の心理学 ほんとうの安心とは何か シリーズ・防災を考える 2』
   仁平義明/編 東信堂 2009年
   風評被害について詳細に記載があります。
   p.69~「第3章 災害とうわさ 特に地震の場合」サトウタツヤ
   p.101~「第4章 風評被害の心理」関谷直也
 (8)『福島原発と人びと』広河隆一/著 岩波書店 2011年
   p.120~「不当な差別」の節に福島の原子力発電所の被害による差別について記載が
   あります。
   また、p.137にも差別に関する事例の紹介があります。
 (9)『差別としての原子力』清水修二/著 リベルタ出版 1994年
   今回の東日本大震災における事故は記載されていませんが、福島における原子力発電
   の誘致、原子力発電所内の事故故障について、論じています。
 (10)『原発は差別で動く 反原発のもうひとつの視角』八木正/編 明石書店 1989年
   古い資料ですが、原子力発電所のある地域に生じる問題やそこで働く人の被ばくに関する
   問題等に記載があります。
   (東日本大震災の福島第一原発の事故が発生する前の原発に関する資料です。)
   p.1~「序論 原発に内在する差別の連関構造」
 (11)「特集 脱原発をめざして」(「部落解放」(652)解放出版社2011-10)p.12-55
 (12)「震災で噴き出した歪み(上)殺されゆく弱者 : 非常時に表れる差別意識」辛 淑玉
   (「週刊金曜日」20(8)金曜日2012-03-02)p.16-18

2 災害における人権侵害に対する国、自治体、民間団体の取組
 (1)図書
  ア『大震災100の教訓』塩崎賢明/〔ほか〕編 クリエイツかもがわ 2002年
    p.56~「「弱者救済」策はどうであったか。」
    p.68~「被災者の居住権と支援金の女性差別問題」 
  イ『阪神・淡路大震災人権白書 高齢者・障害者・子ども・住宅』
   近畿弁護士会連合会/編 明石書店 1996年
   阪神・淡路大震災の居住の権利、被災高齢者、障害者、子どもの権利について人権
   全般について、それぞれ記載されており、その事例や行政の取組、対策についても言及
   されています。

 (2)インターネットサイト
   地方自治体については、「東日本大震災」「人権侵害」等のキーワードでインターネットを
   検索すると、多数の自治体のサイトがヒットします。ここでは一例をご紹介します。

  ア 法務省
   ・「放射線被ばくについての風評被害等に関する緊急メッセージ」
     http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken04_00008.html
   ・「東日本大震災に伴う風評被害等に関する人権啓発デジタルコンテンツについて」
     http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken05_00009.html
  イ 滋賀県人権啓発活動ネットワーク協議会
    「東日本大震災に伴う風評被害に基づく人権侵害事案について」
     http://www.moj.go.jp/jinkennet/shiga/fuhyo.html
  ウ 埼玉県
    「放射線被ばくに関する風評被害による人権侵害の防止について」
     http://www.pref.saitama.lg.jp/page/huhyohigai.html
  エ 福岡県
    「放射線被ばくに関する風評被害による人権侵害の防止について」
     http://www.pref.fukuoka.lg.jp/a01/kennnotaiou.html#11
  オ 東京人権啓発企業連絡会
    「企業と人権 -東日本大震災に思う」
     (財)人権教育啓発推進センター 理事長 横田 洋三
     その(1)~その(3)
     http://www.jinken-net.com/close-up/1201.html
     http://www.jinken-net.com/close-up/1202.html
     http://www.jinken-net.com/close-up/1203.html

回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
社会福祉  (369 8版)
内科学  (493)
発電  (543)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000114722解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決