このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000114345
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2012-163
事例作成日
(Creation date)
2012年09月04日登録日時
(Registration date)
2012年11月21日 10時45分更新日時
(Last update)
2013年01月08日 14時01分
質問
(Question)
幕末あたりの千代田区神田小川町1番の地図を見たい。
回答
(Answer)
現代の地図と江戸時代の地図(切絵図)を並べてみることができる資料と、切絵図が収録されている資料があり、以下の資料を紹介した。
切絵図と現代図を併記している地図
『江戸東京散歩 切絵図・現代図で歩く』(安田就視写真 わたなべこういちイラスト 人文社 2002)
 p14に「飯田町駿河台小川町絵図」(文久3年(1863)に改訂されているもの)。p15の地図と比べられる。
 p15に「神田古書店街・御茶ノ水駅周辺」あり。尾張屋板。神田小川町(一)はC-3あたり。

切絵図が収録されている資料
『嘉永・慶応江戸切絵図』(古地図ライブラリー 1)(人文社 1995)
 p14-15「飯田町駿河台小川町絵図(1863年)」あり。もとになっているのは上記『江戸東京散歩』と同じもの。
『嘉永・慶応江戸切絵図で見る幕末人物・事件散歩』(古地図ライブラリー2)(人文社第一編集部解説・編  人文社 1995)
 p14-15「飯田町駿河台小川町絵図(1863年)」あり。もとになっているのは上記『江戸東京散歩』と同じもの。
『江戸切絵図集成 1 吉文字屋板』(斎藤直成編集 中央公論社 1981)
 p22-29「駿河台小川町図 全」あり。吉文字屋板。明和元年(1764)のもの。
『江戸切絵図集成 2 近江屋板』(斎藤直成編集 中央公論社 1981)
 p38-43「駿河台小川町図 全」あり。近江屋板。弘化5年(1848年)のもの。
 p44-49「駿河台小川町図 全」あり。近江屋板。嘉永2年(1849年)のもの。
『江戸切絵図集成 4 尾張屋板』(斎藤直成編集 中央公論社 1982)
 p40-45「駿河台小川町絵図 全」あり。尾張屋板。嘉永3年(1850)のもの。
 p46-51「駿河台小川町絵図 全」あり。尾張屋板。慶応元年(1865)のもの。
回答プロセス
(Answering process)
現代の東京の地図で場所を確認する。
『全東京便利情報地図 23区+多摩 街の達人』(昭文社 2009)
 p7に〈神田小川町 1〉あり。淡路町駅の近く。

切絵図と現代図を併記している地図を確認する。

事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
『江戸東京散歩 切絵図・現代図で歩く』(安田就視写真 わたなべこういちイラスト 人文社 2002)
『嘉永・慶応江戸切絵図』(古地図ライブラリー 1)(人文社 1995)
『嘉永・慶応江戸切絵図で見る幕末人物・事件散歩』(古地図ライブラリー2)(人文社第一編集部解説・編  人文社 1995)
『江戸切絵図集成 1 吉文字屋板』(斎藤直成編集 中央公論社 1981)
『江戸切絵図集成 2 近江屋板』(斎藤直成編集 中央公論社 1981)
『江戸切絵図集成 4 尾張屋板』(斎藤直成編集 中央公論社 1982)
キーワード
(Keywords)
東京都千代田区-歴史地図
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000114345解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!