このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000113877
提供館
(Library)
町田市立中央図書館 (2310058)管理番号
(Control number)
町田-073
事例作成日
(Creation date)
2011年11月29日登録日時
(Registration date)
2012年11月09日 14時08分更新日時
(Last update)
2016年08月20日 12時21分
質問
(Question)
紙垂(しで)の意味と由来を知りたい。また、なぜZ形なのか。
回答
(Answer)
■意味:紙垂は、「神聖・清浄」の標章。
  (1)紙垂を注連縄(しめなわ)に垂らして神域や祭場に用いた場合は、聖域を示す象徴となる。
            〔参考資料③p.805、④p.199、⑦p.188〕
  (2)玉串(たまぐし)については、榊に紙垂を付することによって、遷霊されるものと考えられて
いる。榊だけでは神の依り代とはならない。
            〔参考資料①p661、⑥p.290、⑨p.276〕

■由来:日本神話の神代天石屋戸条(しんだいあめのいわやどのじょう)に由来。紙垂の原型「丹寸手(にきて)」が出てくる。
            〔参考資料①p.460、②p.200、⑤p.899〕

      (原文)「・・・天の香山の五百津真賢木を根こじにこじて、上枝に八尺の勾玉の五百津の御すまるの
      玉を取り著け、 中枝に八尺鏡を取り繋け、下枝には白丹寸手、青丹寸手を取り垂でて・・・」
            〔参考資料⑩p.39〕
      (訳)「・・・天の香具山のよく茂った榊を根こそぎ掘り取ってきて、その上方の枝に多くの勾玉を長い
      緒に通した玉飾りをつけ、中ほどの枝に八咫鏡を掛け、下方の枝には楮の白い幣と麻の青い幣を下げた・・・」                                   〔参考資料⑩p.244〕   

■形状:「無限大の神威」説と「雷」説がある。
     (1)「無限大の神威」説:白い紙を交互に切り割くことによって、無限大を表わす。無限大の神威を一片の紙に
      象徴するものと解される。
            〔参考資料①p.661、⑥p.290、⑨p.276〕
      
  (2)「雷」説:宮沢賢治は花巻農学校で教鞭をとっていたころ、「注連縄の本体は雲を、〆の子(細く垂れ下がっ
      ている藁)は雨を、紙垂は雷(稲妻)を表わしている」と、生徒に教えていた。雲と雨と雷は、豊作のための
      不可欠な要素であり、注連縄は元来、豊作を願って神社に奉納されたとされる。
            〔参考資料⑧pp.23-24〕
 
     * 賢治の授業については、下記のWeb サイトでも読むことができる。

         http://izumi-math.jp/R_Yoshida/thunder.pdf  (2013.4.7確認)

     http://plaza.rakuten.co.jp/jifuku/9002/  (2013.4.7確認)   
        
         「雷」説については、参考資料⑩(pp.339-340)の中でも少し触れられているが、これらの他に確然
        と論じている文献を見つけることはできなかった。
回答プロセス
(Answering process)
■神道関連の資料に当たって、一応全て回答できた。

■念のためGoogle検索したところ、形状に関して新たな説(「雷」説)が出てきた。
  宮沢賢治が授業で話していたというので、教師としての賢治について書かれた資料を探す。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
祭祀  (176 9版)
参考資料
(Reference materials)
①『神道史大辞典』薗田稔、吉川弘文館、2004年
②『日本宗教事典』小野泰博、弘文堂、1985年
③『祭・芸能・行事大辞典』小島美子他/監修、朝倉書店、2009年
④『神道事典』国学院大学日本文化研究所/編、弘文堂、1994年
⑤『国史大辞典 6』国史大辞典編集委員会/編、吉川弘文館、1985年
⑥『国史大辞典 9』国史大辞典編集委員会/編、吉川弘文館、1988年
⑦『神道いろは』神社本庁教学研究所/監修、神社新報社、2004年
⑧『教師宮沢賢治のしごと』畑山博、小学館、1988年
⑨『古事記』萩原浅夫/校注・訳、小学館、1986年
⑩『かたちの事典』高木隆司、丸善株式会社、2003年
キーワード
(Keywords)
紙垂(しで)
注連縄(しめなわ)
玉串(たまぐし)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
祭祀
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000113877解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!