このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000113752
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2012-0084
事例作成日
(Creation date)
2012/08/17登録日時
(Registration date)
2012年11月07日 02時05分更新日時
(Last update)
2012年11月07日 02時05分
質問
(Question)
俵藤太の百足(むかで)退治伝説の概要を知りたい。また、俵藤太とは実在の人物だろうか。
回答
(Answer)
『新潮日本人名辞典』によりますと、「俵藤太」は「藤原秀郷」の参照語として掲載されています。藤原秀郷の略歴は「生没年不詳。平安中期の地方豪族。(中略)平将門(まさかど)の乱の時、下野掾・同押領使として最終的には将門追悼の側に立ち、天慶三年(九四〇)平貞盛(さだもり)らと共に将門を討った。(後略)」とあります。また、『滋賀県百科事典』のなかの「俵藤太の百足退治」によりますと、伝説の概要は「南北朝時代ころよりつたわる説話。俵藤太(藤原秀郷)が近江国勢多(せた)の橋で、橋の上に横たわる大蛇の背をふんでとおりすぎると、大蛇はその勇気に感じて三上山の百足(むかで)を退治してくれとたのむ。藤太は唾をぬった矢をいて目的を達した。すると大蛇はつかってもつきない巻絹、米のつきない俵、思うままに食べ物のでる鍋をくれる。ついで竜宮にまねかれ、鎧・太刀と赤銅の釣鐘をおくられてかえり、釣鐘は園城寺に寄進したという。百足退治の話はすでに『太平記』などにもみえるが、『御伽草子』(おとぎぞうし)でさらに説話化が行われた。俵の姓も彼のもらった俵に由来するともつたえられている。いつぽう藤太の名には、炭焼藤太、芋掘藤太などの鋳物師伝承とのかかわりが考えられる。事実、三上山は古くから鉄、銅などの鉱脈がはしる所とされ、山師の間では鉄の鉱脈を黒百足、銅の鉱脈を赤百足とよんだそうである。(後略)(橋本鉄男)」とあります
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
伝説.民話[昔話]  (388 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 新潮日本人名辞典 尾崎秀樹∥[ほか]編集 新潮社 1991年 R-2810-オ p.1112,1506

2 滋賀県百科事典 滋賀県百科事典刊行会∥編 大和書房 1984年 S-0300- 84 p.481

3 俵藤太のむかで退治 井野泰雄∥編集 雲住寺 1994年 S-3800- 94 p.41-45

4 近畿 流浪と信仰 小学館 1983年 S-3808- 83 p.20-31

5 日本昔話事典 稲田浩二∥ほか編 弘文堂 1978年 R-3881-イ p.565

6 日本説話伝説大事典 志村有弘∥編 諏訪春雄∥編 勉誠出版 2000年 R-3881-シ p.602
キーワード
(Keywords)
俵藤太
百足退治
伝説民話-滋賀県
藤原秀郷
三上山
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
2110049-1101(大津市立図書館提供)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000113752解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!